ボルボが進出63年目で建てた米国工場の正体

現地生産地をサウスカロライナに決めたワケ

まず、新工場の場所をサウスカロライナ州に決めた理由についてサミュエルソンCEOは次の3点を挙げた。

①港が近いことなど物流の便が良いこと

②部品メーカーの所在地が近いこと

③そして地元自治体が電力設備の整備や工場従業者のリクルート支援などに積極的だった

加えて同氏は、さまざまな候補地があったが、地元自治体との関係でサウスカロライナ州が最適だったと説明した。

次に、ボルボの親会社である中国の吉利集団との、ボルボの新規事業に対する影響について聞かれると「あくまでもボルボは独立した企業であり、経営方針についてもボルボが主体であることに変わりはない」と強調した。

さらに、アメリカと中国、そしてアメリカとEUとの輸出入にかかる関税について両国の間で駆け引きがあることについて聞かれると「政治的な案件でのコメントは避けるが、関税への対応を考えるうえで、われわれにとって主要な販売国で生産することに大きな意味がある」とチャールストン工場建設の意義を示した。

工場内部は広く、当面の生産は1ラインだが、ラインを増強して生産能力拡大も可能に思える(筆者撮影)

ボルボは現在、オートマチックトランスミッションをトヨタ自動車系のアイシンAWから導入しており、また同じくトヨタ系のデンソーとの会合を進めるなどの動きがある。ボルボが動力系の電動化や自動運転の量産化を急ぐ中、日本企業との関係について筆者が聞くと「電池技術を含めて、さまざまな案件を視野に日本企業との関係を考慮していきたい」と答えるにとどめた。

ついに、アメリカでの生産が始まる

1927年創業のボルボがアメリカに進出して63年目。ついに、アメリカでの生産が始まる。アメリカ人がボルボを作ることについて、サミュエルソンCEOは「チームワークやクリエイティビティで、アメリカとスウェーデンとの共通性が多くある」と今後の生産についての課題は多くないと指摘する。

また、アメリカ製のボルボをアメリカの消費者がどう見るかについては「消費者に対して、そしてディーラーに対して、われわれはローカルシチズン(地元の人間)として、彼らからの意見をしっかりと聞いてより良い製品造りに活かしていきたい。そうしたわれわれの仕事の進め方を、感情的な側面からも彼らは理解してくれると思う」とボルボの新しい挑戦に対して自信を示した。

また、トランプ政権が自動車産業界に対して強く要求している「Made in America」との政治姿勢については、多くを語らなかった。確かに、ボルボがチヤールストンへの工場進出を決めたのはトランプ政権の誕生前である。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • 高城幸司の会社の歩き方
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
『会社四季報』新春号を先取り!<br>波乱相場にも強い大健闘企業

企業業績の拡大に急ブレーキがかかっている。世界景気の減速や原燃料費・人件費の高騰が重荷だ。そうした逆風下での大健闘企業は? 東洋経済最新予想を基に、上方修正、最高益更新、連続増収増益など6ランキングで有望企業を一挙紹介。