ボルボが進出63年目で建てた米国工場の正体

現地生産地をサウスカロライナに決めたワケ

サウスカロライナ州チャールストン郊外の新設された工場団地に広がるボルボの新工場(写真:ボルボ)

6月19日、米国サウスカロライナ州チャールストン空港に降り立った。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

出迎えに来た、ボルボの大型SUV「XC90」のドライバーは地元出身だという。この地では2年前の夏、メルセデスベンツが新工場の起工式を行った。そして今度はボルボだ。「雇用は増えたが、朝晩の渋滞も激しくなったね」。ドライバーは過去数年間の町の移り変わりを肌感覚で話した。

チャールストンは18世紀に港湾都市として栄えた。その名残りがあるダウンタウンの雰囲気は居心地が良く、アメリカ有数の観光地としての人気が高い。

ボルボにとってアメリカ初となる製造工場

翌日、地元アメリカを含め世界各地から集まった300人近いメディアが数台のバスに分乗して、フリーウエイ26号線を内陸部方面へ約1時間。森を切り開いた目新しい工場団地の中に、ボルボにとってアメリカ初となる製造工場の姿が見えた。

気温は摂氏35度近くまで上がり、大西洋が近いために湿気も高い。バスを降りて式典会場入ると、正面奥の壇上に4ドアセダンの新型ボルボ「S60」がベールを纏っている。そこに続くような花道を設定され、その両サイドには「XC90」「XC60」「V60」「V90」「S90」などボルボの各モデルがズラリと並んでいた。

チヤールストン工場従業員らと共に新型S60の世界初披露をする、ボルボカーズのサミュエルソンCEO(筆者撮影)

式典には、サウスカロライナ州知事、在米スウェーデン大使、そして日本でも知名度が高い国連大使で前サウスカロライナ州知事のニッキー・ヘイリー氏も列席した。あいさつに立った、ボルボのホーカン・サミュエルソンCEOは「ここは、われわれが世界市場でさらに成長するために重要な投資先だ」と1200億円に及ぶ資金導入の有効性を改めて示した。

ボルボの製造拠点は、スウェーデンのヨーテボリ本社工場とベルギーのゲント工場、そして急伸する中国市場にも、ここチャールストン工場は世界7番目となる。

次ページ成長の牽引力となったのは…
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 草食投資隊をフォローせよ
  • 最新の週刊東洋経済
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
進撃の商社<br>純利益1兆円への野望

資源価格の反発で総合商社の業績は絶好調、非資源での新規ビジネス創出にも余念がない。純利益1兆円突破への期待も出てきた今、商社の実力を総点検する。5大商社のトップがそろい踏み、「人材編」にはイラストで各社のキャラ解説も。