ホームレスが路上生活始める意外すぎる事情

多くは段階的に、ただ突然そうなる場合も

「それが2年前やね。20年間連れ添った嫁がいなくなって、本当に寂しくなってしまってな。もうガックリ気力が削がれてしまった。何やっても寂しいしつまらない、味気ない。それでも頑張って2年間生きてきたけど、もういいやろ、と思って三段壁に行ったんや」

そのとき、僕ははじめて三段壁の存在を知った。

三段壁(筆者撮影)

「福井の東尋坊と同じような場所やね。平たく言えば崖や。関西の人は三段壁に行って人生を締めくくるんやわ」

供養塔(筆者撮影)

オジサンは自殺をするために三段壁に向かったと語る。崖の景勝地は、自殺のスポットになりがちだ。三段壁は「恋人の聖地」と呼ばれてカップルや夫婦に人気だが、もともとは、1950年に心中したカップルが巨石に口紅で「白浜の海は、今日も荒れてゐる」と書き残したというエピソードが始まりだ。

昔に比べて自殺する人は減少傾向にあるらしいが、それでもいまだに飛び降りる人はいるという。

人がいなくなるのをジッと待っていたら…

「恋人の聖地」と呼ばれている(筆者撮影)

「もちろん本気で飛び降りようと思って行ったんよ。でも、結構な数の観光客がいたんや」

たしかに僕が足を運んだ日にも平日にもかかわらずかなりたくさんの観光客がいた。恋人の聖地だからカップルや夫婦で記念写真を撮っている人もいた。

平日でも観光客は多い(筆者撮影)

「そんな人たちの前で飛び降りたら、悪いでしょ? 子どもなんか飛び降りの現場見たら心に傷が残るかもしれないし……」

オジサンは備え付けのベンチに座って人がいなくなるのをジッと待ったという。すると2人組の男性に話しかけられた。

柵(筆者撮影)

「自殺を止める運動をしてるボランティアの人やった。『自殺しようとしてませんか?』って問い詰められたわ。『自殺者は旅行客とは服装や荷物が違うし、何より顔つきが違うからすぐにわかるんだ』って言われた。自分では普通にしてたつもりやったんだけどね。やっぱり目が死んでたのかもわからんね」

次ページある施設へ案内される
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • はじまりの食卓
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
株式投資・ビジネスで勝つ<br>決算書&ファイナンス

この1冊で企業財務がぐっと身近に。PL、BS、CSの基本から、キーワードで読み解く業界分析、買収価格算出などの応用まで、厳選30のノウハウを丁寧に解説。業績絶好調企業に加え、会計と実態の差を補う疑似資産、会計利益先行率のランキングも。