50歳を過ぎてイヤイヤ禁煙する必要などない

むしろ喫煙者専用クラブを作ったらどうか

また、禁煙をした途端、口が寂しくなり、「甘いもの」に手を出してしまい、肥満や糖尿病を発症し、それが原因で入院したり、亡くなったという人もいる。これなら喫煙していたほうが、まだマシなのではなかろうか。

愛煙家には、愛煙家なりの理屈というものもあろう。だから、自分が吸いたいと思っていることを周囲から「やめなさい」と言われると、意地でも吸いたくなる。自分の健康のことは、自分が一番理解していると自信をもっているからである。

「やめなければならない」という強迫観念

いや、社会的圧力に同調し、「やめなければならない」という強迫観念に陥ってしまい、情緒不安定になることのほうが、これからの生き方を考えたときに損失になる、また、家族にとっても不幸になると言えるのではないか。

当然、周囲の人は、本人の気持ちとは別の理屈がある。

「病気になって余計な医療費がかかって、老後生活を圧迫する」

「がん治療のための看病の苦労や莫大な治療費が大きな負担となる」

「受動喫煙で被害が、他人や家族に及ぶ。それこそが重大な問題だ」

などと言うけれど、それは吸わない側の「自分の都合」からの物言いではないか。周囲も結局、本人を心配しているようで、実は、「自分の都合」「自分の健康」を優先しているのである。タバコが嫌い、臭いが嫌い、受動喫煙が困るという自分の都合ならば、それは、自分自身がきっちりと自分で判断していくべきではないか。人は主体性を持って生きていくべきだ。これが人間として大事なことなのである。

喫煙者を仲間外れにすればいい。仕事以外は、口をきかなければいい。喫煙者の多い店に行かなければいい。あそこは、おいしい料理を出してくれるから、という人もいるが、おいしい料理を出してくれるレストランや店などは、他にいくらでもある。

煙草を吸う伴侶が嫌ならサッサと離婚、別れたらいい。そのような友人とは絶縁したらいい。タバコを吸っている人から離れたらいい。嫌な相手、嫌な人とムリして付き合う必要はない。公共の場、乗り物の中で、喫煙するも者が嫌なら、周囲が喚き倒したらいい。喫煙者、愛煙家を孤立させ、村八分にすればいいではないか。

喫煙者、愛煙家もそれでよしとすべきだ。人間関係が悪くなるのを覚悟すべきだ。嫌な人だと言われ、拒否され、村八分にされても、以て瞑すべしだ。

それでとやかく文句を言うのは、これまた、おかしい。それは困ると悩むぐらいなら、禁煙すればいいだけのことである。

そもそも喫煙していても、短命の人ばかりではない。長命の人だっている。要は、周りから「禁煙しなさい」と強要されてやめるという、自主性がないのがいかにも軟弱過ぎるように思えるのだ。

次ページ好きなだけ喫煙すればいい
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • コロナ後を生き抜く
  • 井手隊長のラーメン見聞録
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT