映画「ウインド・リバー」を作った本当の狙い

サスペンス形式で「アメリカの闇」を描き出す

7月27日公開予定の『ウインド・リバー』。ネーティブアメリカンの保留地が抱えるアメリカの闇を描き出したクライムサスペンス映画だ(東洋経済オンライン読者向けプレミアム試写会への応募はこちら)©2016 WIND RIVER PRODUCTIONS, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

数ある失踪者の統計にネーティブアメリカンの女性のデータは存在しない。実際の失踪者の人数は不明である――。

7月12日(木)にプレミアム独占試写会を開催します(上記バナーをクリックすると応募画面にジャンプします)

ネーティブアメリカンの保留地が抱えるアメリカの闇を描き出したクライム(犯罪)サスペンス映画『ウインド・リバー』(7月27日全国公開予定)には、こういったショッキングなテロップが登場する。出演者はジェレミー・レナーとエリザベス・オルセン。「大ヒットシリーズ『アベンジャーズ』に登場する弓矢の使い手ホークアイと、心理操作を行う超人スカーレット・ウィッチが共演」という紹介の仕方もできそうだが、ここで描かれている社会背景はズシリと重い現実を突きつける。

本作の舞台はアメリカ中西部にあるワイオミング州のネーティブアメリカンの保留地ウインド・リバー。深い雪に閉ざされた山岳地帯で、ネーティブアメリカンの少女の死体が見つかるところから物語は始まる。

「ネーティブアメリカンの保留地」が舞台

第一発見者となった野生生物局の白人ハンター、コリー・ランバート(ジェレミー・レナー)は、薄着で裸足、かつ血を吐いた状態で凍りついたその少女が、娘エミリーの親友ナタリー(ケルシー・アスビル)であることを知り、愕然とする。そんな少女の無残な姿に心を痛めたコリーは、新米の女性捜査官ジェーン・バナー(エリザベス・オルセン)の捜査に協力するというストーリーだ。

「ネーティブアメリカンの保留地」とは、ネーティブアメリカンが住む土地のことだが、アメリカのジャクソン大統領が1830年に制定した「インディアン強制移住法」で、先住民であるネーティブアメリカンを強制移住させたことに端を発する。

次ページ貧困や暴力はなお続いている
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 若者のための経済学
  • 「日本の外交」超入門
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
背水のフジテレビ<br>500日の苦闘

日枝会長が退き宮内新体制が発足してから1年半。増益に転じたが視聴率は低迷を続ける。長寿番組の打ち切りが象徴する大胆な編成改革に加え、組織もコストも抜本的に見直した。背水の陣を敷く同社の人間ドラマを追う。