新幹線、血を付けたまま走り続けた異常事態

なぜ小倉駅を発車?「台車亀裂事故」とも酷似

ボンネットの先端が割れた山陽新幹線ののぞみ176号=14日午後4時49分、JR新下関駅(共同通信社ヘリから)

安全が確認できない場合には直ちに列車の運行を停止する――。2005年のJR福知山線脱線事故以来、JR西日本が掲げている安全の基本姿勢が、またしても破られた。

6月14日午後、小倉駅を出発した山陽新幹線博多発東京行き「のぞみ176号」の先頭車両のボンネットが割れているのを、小倉駅ですれちがった新幹線の運転士が目撃。のぞみ176号は新下関に停車して確認したところ、先頭のボンネットから人体の一部が見つかった。博多―小倉間で人をはねたとみられる。

なぜ小倉駅で列車を止められなかったのか

高速で走る新幹線は在来線よりも安全性を重視し、踏切を設置せず、沿線には高いさくを設置するなど人が侵入できない構造になっている。在来線と比べると、線路上での人身事故は格段に少ない。

問題なのは人身事故ではない。なぜ小倉駅で列車を止められなかったのかという点だ。

JR西日本によれば、のぞみ176号の運転士は「博多ー小倉間の走行中に”ドン”という音がしたが、ただちに止める必要はないと判断した」という。高速走行中に鳥などにぶつかることはよくある。この運転士も「同じような音を過去にも聞いたことがある」としており、鳥にぶつかっただけで安全運行に支障はないと判断したようだ。従って、総合指令所に連絡することはしていない。

すれ違った新幹線の運転士は、異常を確認後、すぐさま運行をつかさどる東京の新幹線総合指令所に連絡している。指令員はのぞみ176号に停止を指示、列車は途中停止して安全確認をした後に、本来なら通過する新下関に緊急停車して車両点検を行っている。このプロセスも間違ってはなさそうだ。

では、小倉駅での対応はどうか。

次ページ小倉駅ではどのように対応したのか
鉄道最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT