妻の彼氏は「夫公認」、家族の新しいカタチ

批判よりも、共感の声に耳を傾けたい

その後、ひとり目の彼氏とは破局するも、2017年6月、美香さんはたくちゃんと恋に落ちる。そして、ほどなく同居。意外にも、同居は朋広さんが望んだことらしい。

朋広さん「当時、仕事が本当に忙しくて、家事や育児は美香に任せっきりになっていました。そこで、たくちゃんが住んで家のことをサポートしてくれたら助かるなあと。彼は定職についていなかったので、家賃もいらないから住んでよって、そんな感じですね」。

そして今年3月からは、さらにすごい展開に。夫婦の友人であるシングルマザーのMさんが、3人の子供を引き連れメンバーに加わったのだ。ポリアモリーに“大家族”の要素も加わり、さらにカオスなコミュニティの誕生である。

美香さん「彼女がうちの近くで用事があったときに泊まってもらったら、お互いにすごくしっくりきて、なんとなくこのまま一緒に住もうかって話になりました。いきなり10歳、8歳、3歳の子供たちも増えて、ちなみに全員女子なんですけど、毎日にぎやかで楽しいですね」。

朋広さん「Mさんは家事好きで、料理、洗濯、洗い物まで全部やってくれるので助かっています。家事問題は、完全に解決しました(笑)。ちなみにMさんと私は恋愛関係ではありません」。

ただ、ひとつ問題がある。じつは昨年末に朋広さんが、育児を優先するため会社を辞めたことで、家族全員がほぼ無職・無収入という状態が約半年続いているのだ。

朋広さん「おまけに9人家族になってから、生活費がものすごく膨らんでしまって……。育ち盛りの子供たちが増えて食費もすごいし、水道代も3倍以上。支出は月々40万円くらいです。今は貯蓄を切り崩していますが、限界は目に見えているので……。このままだと解散もやむなしかなと。今はわりと危機的状況ですね。私は働きたいと思っているので、その状況を作るために話し合っているところです」。

美香さん「彼はこう言っていますが、私はそんなに危機だとは思っていません。解散なんかしなくても、いざとなったら家を売ってみんなで田舎に引っ越せばいいと思ってて。自給自足でなんとかなるやろって。そこは、夫となかなか価値観が合わないところですね。まあ、仮にみんながバラバラに住むことになっても、それは解散じゃなくて『拠点が増える』って考えればいいんじゃないですかね」。

(写真:OCEANS)
次ページ批判よりも、共感の声に耳を傾けたい
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 北朝鮮ニュース
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。