メラニア夫人「瀕死・整形報道」は偽ニュース

公の場に姿、ハリケーンに関する会見に出席

 6月6日、トランプ米大統領のメラニア夫人(右)は、ハリケーンに関する会見に出席した。公の場に姿を見せるのは5月10日以来初めて(2018年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領のメラニア夫人は6日、ハリケーンに関する会見に出席した。公の場に姿を見せるのは5月10日以来初めて。

ホワイトハウスによると、メラニア夫人は5月14日に腎臓の疾患を治療するための処置を受け、19日に退院していた。

夫人はトランプ大統領と共に連邦緊急事態管理庁(FEMA)での会見に出席。大統領は夫人について「ファーストレディーとして素晴らしい職務を果たしてきた」と語った。

また大統領はツイッターで、「(夫人が)治療から回復する間、メディアは瀕死状態だとか、美容整形を行ったとか、ホワイトハウス(とわたし)から去ってニューヨークまたはバージニアに行った、などと報じた。すべてはフェイク(偽)で、彼女は元気にしている」と書き込んだ。

メラニア夫人を巡っては、カナダ・ケベック州で開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)やシンガポールで開かれる米朝首脳会談に同行しないと伝えられ、動向が注目されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 中学受験のリアル
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 女性の美学
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。