メラニア夫人「瀕死・整形報道」は偽ニュース

公の場に姿、ハリケーンに関する会見に出席

 6月6日、トランプ米大統領のメラニア夫人(右)は、ハリケーンに関する会見に出席した。公の場に姿を見せるのは5月10日以来初めて(2018年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領のメラニア夫人は6日、ハリケーンに関する会見に出席した。公の場に姿を見せるのは5月10日以来初めて。

ホワイトハウスによると、メラニア夫人は5月14日に腎臓の疾患を治療するための処置を受け、19日に退院していた。

夫人はトランプ大統領と共に連邦緊急事態管理庁(FEMA)での会見に出席。大統領は夫人について「ファーストレディーとして素晴らしい職務を果たしてきた」と語った。

また大統領はツイッターで、「(夫人が)治療から回復する間、メディアは瀕死状態だとか、美容整形を行ったとか、ホワイトハウス(とわたし)から去ってニューヨークまたはバージニアに行った、などと報じた。すべてはフェイク(偽)で、彼女は元気にしている」と書き込んだ。

メラニア夫人を巡っては、カナダ・ケベック州で開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)やシンガポールで開かれる米朝首脳会談に同行しないと伝えられ、動向が注目されていた。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 貧困に喘ぐ女性の現実
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • コロナ後を生き抜く
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT