メラニア夫人「瀕死・整形報道」は偽ニュース

公の場に姿、ハリケーンに関する会見に出席

 6月6日、トランプ米大統領のメラニア夫人(右)は、ハリケーンに関する会見に出席した。公の場に姿を見せるのは5月10日以来初めて(2018年 ロイター/Carlos Barria)

[ワシントン 6日 ロイター] - トランプ米大統領のメラニア夫人は6日、ハリケーンに関する会見に出席した。公の場に姿を見せるのは5月10日以来初めて。

ホワイトハウスによると、メラニア夫人は5月14日に腎臓の疾患を治療するための処置を受け、19日に退院していた。

夫人はトランプ大統領と共に連邦緊急事態管理庁(FEMA)での会見に出席。大統領は夫人について「ファーストレディーとして素晴らしい職務を果たしてきた」と語った。

また大統領はツイッターで、「(夫人が)治療から回復する間、メディアは瀕死状態だとか、美容整形を行ったとか、ホワイトハウス(とわたし)から去ってニューヨークまたはバージニアに行った、などと報じた。すべてはフェイク(偽)で、彼女は元気にしている」と書き込んだ。

メラニア夫人を巡っては、カナダ・ケベック州で開かれる主要7カ国首脳会議(G7サミット)やシンガポールで開かれる米朝首脳会談に同行しないと伝えられ、動向が注目されていた。

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
採用クライシス<br>就活ルール廃止の衝撃

経団連が就活ルール作りからの撤退を決定。採用日程は今後どうなるのか。中長期的なあり方を議論する間もなく、足元では超売り手市場の下、仁義なき新卒争奪戦が繰り広げられている。採用手法も人気業界も激変する中での各社の取り組みは……。