外資系生保・大手4社トップインタビュー--日本市場をどう攻める

外資系生保・大手4社トップインタビュー--日本市場をどう攻める

アリコジャパン 高橋和之社長
お客様の変化に合わせて商品の売り方も変えなくては

 マーケットに成長性があっても、競合が激しくなれば、価格に下降圧力がかかります。医療保険など第三分野のマーケットがまさにそう。シンプルかつ安い商品のほうに動いています。

第一分野は成長分野とはいえませんが、競合もそれほど激しくありません。しかし、お客様は変化しています。そこにチャンスがある。お客様のニーズに応え、納得感、満足感を持って買っていただく。そのためには、商品だけではなく、売り方がポイントです。

障性商品はコンサルティング販売だというのは簡単ですが、組織として全体的にちゃんとしたカウンセリング・コンサル販売を行って、丁寧かつ継続的なサポートができる体制になっているかどうかが重要です。死亡保障は伸びなくても重要な分野だから、そこにフォーカスしていけば十分に戦っていけると思います。第一分野が売れれば、第三分野の商品にもつながっていきます。事実、われわれはマーケットが縮小している中で5~6倍に伸ばしてきました。

お客様には丁寧な説明が必要な人もいれば、すごくシンプルにという方、面倒くさいという方、保は必要だが最低限でいいという人、いろいろです。われわれは全方位外交で、対面販売も、銀行ルートも、プロのセールスマンもいれば代理店、ネット、通信販売もあります。商品にはそれぞれにフィ_ットする売り方がありますが、一つの販売ラインに限ったものでもなく、基本的には補完し合うもの。二つの販売ラインが協力し合って一人のお客様をサポートしていくようなことも考えられます。

お客様が変わっているのに、その変化を感じ取らないで、従来の方式だけでやっていると、お客様からの信頼がなくなって、契約件数が落ち、効率も悪なり、落ちこぼれていく。それが業界再編のきっかけになるかもしれません。体力、効率化だけでなく、今までのやり方を変えていくために、新た_な再編が生まれるかもしれません。

お客様は商品だけでなく買い方にも、サービスにも期待しています。対面の販売チャネルは原点であり、そこで手を抜いたら負けると思っていますが、商品を売るための手法も積極的に作っていかないと、支持されません。

くさく聞こえるかもしれませんが、お客様から「ありがとう」と言われ、われわれも「ご契約いただいてありがとうございました」と心から言える会社なりたいですね。(8月11日談)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
広告大乱戦<br>デジタル化で進む“下克上”

「ついに」か「ようやく」か。ネット広告費が初めてテレビ広告費を超えました。デジタル化の大波の中で、広告業界は“異種格闘技戦”の時代に。グーグルと組んで購買につながる広告商品を生み出したマツモトキヨシなど、激変期の最先端事例を紹介します。