6月の日本株は「上昇」「下落」のどっちなのか

不安要因を挙げればキリがないほど多い

株式市場は不安要因だらけ。だからと言って下落するとは限らない(写真:ロイター)

今の株式市場は、不安要因だらけだ。

主なものを列挙すると、米朝首脳会談、米中貿易摩擦、米国での輸入自動車への追加関税、イタリアなどの南欧不安、米国によるEUなどへの鉄鋼・アルミ輸入関税発動、などと続く。

このうち、米朝首脳会談はトランプ大統領の中止宣言から一転、シンガポールに乗り込んだ両国の先遣隊の活動を見ると、いかに駆け引きがあったとしても6月12日の実施は固まった。しかもこの日は非核化交渉のスタートで、11月6日の米中間選挙までトランプ政権の「ポイントゲッター」として使われるのが目に見えてきた。

「ユーロ圏解体指数」の上昇は限定的

米中貿易摩擦は不透明ではあるが、現在すり合わせは進んでおり、中国の歩み寄りも見える。自動車の関税率も25%は無理でも10%で手を打つというのが市場の見方で、これも中間選挙用だ。

南欧不安については、イタリアの政局不安で「ユーロ圏解体指数」が上昇している。「ユーロ圏解体指数」とはドイツの市場調査会社センティックスが約1000人の機関投資家や個人投資家を対象に毎月実施している「1年以内にユーロ加盟国が離脱する可能性があるか」と言う意見集計である。

毎月、月末近くに発表されるが、今回5月の分が4月の6.3%から2倍以上の13%になったとして話題になっている。しかし、この数字は2012年のユーロ圏債務危機の時の70%に比べればかなり低い。逆に、「ユーロ圏の不安はそれほど深刻ではない」とも取れる数字だ。

確かに予測不能な米国発の中国、EU・カナダ・メキシコなどとの貿易摩擦は注意深く見守る必要はある。だが、日本市場は方向感の見えない米国株の波乱に、少々飽きてきたようだ。6月相場に対する海外要因は消えることはなく、予測不能な不透明感は残るとしても、2月以降のせめぎ合いでその大半は織り込んだと言える。

次ページ日経平均は2万2500円を再び突破へ?
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT