一流の人は空気を読まない 堀紘一著

一流の人は空気を読まない 堀紘一著

「KY」などという場の空気が読めない人を揶揄する言葉が流行ったように、「和を以って貴しとなす」のが日本社会の特徴とも言えるが、そうした風潮に異を唱える。

「成功者」「時代を変えていけるリーダー」とは、空気読みの達人などでは決してない。空気を読めることは大事だが、今の日本のビジネス界は、そのことばかりにとらわれた何の気概もない“迎合主義のスペシャリスト”ばかりになってしまった。一流を目指して、グローバル時代を生き抜いていくには、空気に同調しない部分にこそ物事の真価や新たな可能性がある。

著名ビジネスコンサルタントが、自身の意外な苦労体験を初披露しつつ、ビジネスマンに喝を入れる仕事論。

角川ONEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
  • 中学受験のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
衰退か再興か<br>アトキンソンと考える<br>日本の生存戦略

急激な人口減少と高齢化の先に待ち受ける地盤沈下を避け「日本再興」を進めるには、従来の常識にとらわれず新しい発想で問題に取り組むことが必要だ。最低賃金の引き上げを含む3つの生産性向上策を軸に、日本が生き残る道を探った。