一流の人は空気を読まない 堀紘一著

一流の人は空気を読まない 堀紘一著

「KY」などという場の空気が読めない人を揶揄する言葉が流行ったように、「和を以って貴しとなす」のが日本社会の特徴とも言えるが、そうした風潮に異を唱える。

「成功者」「時代を変えていけるリーダー」とは、空気読みの達人などでは決してない。空気を読めることは大事だが、今の日本のビジネス界は、そのことばかりにとらわれた何の気概もない“迎合主義のスペシャリスト”ばかりになってしまった。一流を目指して、グローバル時代を生き抜いていくには、空気に同調しない部分にこそ物事の真価や新たな可能性がある。

著名ビジネスコンサルタントが、自身の意外な苦労体験を初披露しつつ、ビジネスマンに喝を入れる仕事論。

角川ONEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。