一流の人は空気を読まない 堀紘一著

一流の人は空気を読まない 堀紘一著

「KY」などという場の空気が読めない人を揶揄する言葉が流行ったように、「和を以って貴しとなす」のが日本社会の特徴とも言えるが、そうした風潮に異を唱える。

「成功者」「時代を変えていけるリーダー」とは、空気読みの達人などでは決してない。空気を読めることは大事だが、今の日本のビジネス界は、そのことばかりにとらわれた何の気概もない“迎合主義のスペシャリスト”ばかりになってしまった。一流を目指して、グローバル時代を生き抜いていくには、空気に同調しない部分にこそ物事の真価や新たな可能性がある。

著名ビジネスコンサルタントが、自身の意外な苦労体験を初披露しつつ、ビジネスマンに喝を入れる仕事論。

角川ONEテーマ21 740円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 令和を生きる若者のための問題解決法講座
  • コロナショック、企業の針路
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
老舗「レナウン」が経営破綻<br>アパレル淘汰・再編の序章

名門アパレルのレナウンが民事再生の手続きに入りました。親会社「山東如意」が再建に見切りをつけ、新たなスポンサー探しは難航が予想されます。ほかのアパレルも店舗閉鎖や売り場撤退が予定され、百貨店に多大な影響が出そうです。