同窓会不倫にハマった39歳「元美少女」の末路

お腹の中の子どもは夫の子?不倫相手の子?

「今では太って、若手から“白ブタ”と陰で言われているオバサンなのに、同級生の男達は少女のときの印象を忘れないのでしょうか。39歳になった今でも“高嶺の花の美少女”という感じで接してくれて気持ちよかったですね。久しぶりに旧姓で呼ばれるのも快感でした。そんな男子達を、牽制している彼の姿に、恋心が芽生えました。すっかりお姫様気分になり、2次会、3次会のカラオケまで参加し、気が付けば彼と一緒にラブホテルの一室にいました」

酔いから意識が回復したのは、コトが起こっている最中だった。性的な感情がまったくない時期に出会った男性と、あられもない格好で行為に及んでいる背徳感が快感だったという。

「後で振り返ると、どうも彼は最初からそのつもりで参加していたみたいで、途中からウーロン茶に切り替えていました。私も3次会で彼の隣に座ってから、肌がカッと熱くなり、触れてほしくてたまらなくなり、それを紛らわすかのようにお酒を飲んでしまったことを覚えています」

婚活サービスで知られる「パートナーエージェント」が2017年に25~39歳の男女220人に対して「同窓会での出会い」についてのアンケート調査を行った。同窓会に参加する際に、同級生との恋愛を期待するかどうかという質問に対し、「とても期待する」「なんとなく期待する」と回答した人は、男性が63.6%、女性が41.8%だったという。男性のほうが、同窓会に何らかの下心を抱いてきている人が多いのだ。

夫に対する罪悪感は…

真知子さんに夫に対する罪悪感を聞くと「ない」と即答。

「不満はあったのですが、気付かないふりをしていたんです。子育てで忙しいときに、私にすべてを丸投げして、ドイツ、アメリカ、フランスと海外出張に行きまくっていましたからね。あのときの恨みは忘れません。それに、夫はケチだから、生活費として毎月15万円しかくれなかった。住宅ローンの返済、子どもの塾代、家族の食費、光熱費ですべてが吹き飛んでしまう」

不倫相手とデートを重ねる真知子さんが許せないと感じたのは、夫の節約体質だ。

「バイキングでガツガツ食べたり、飲み放題とわかったとたんに高級な酒からオーダー。それに、家族旅行のときも缶ビールやお茶を持参するんですよ。旅館やホテルで食事をしても、食事中には注文せず、お冷(水)で済ませ、部屋に帰って持ってきたビールを飲むんです。そんな生活を続けてきたので、スマートでおしゃれな彼とのデートは楽しかったですよ」

次ページデートはどこで?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • フランスから日本を語る
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • この新車、買うならどのグレード?
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
人気の動画
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
レヴォーグ1強に見た和製ワゴンの残念な衰退
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT