今こそプログラミングを学べ!

プログラミングはスキル“だった”が、もはや違う

お手軽レベルで十分

学び方には2つのやり方があります。1つは、プログラミングの歴史を振り返り、手順をきちんと踏みながら、コンピューターの基礎から学ぶこと。もう1つは、手軽にアプリを作ることができる環境に行って、とりあえずつくってみること。

こう書くと、基礎重視の前者をオススメしているように思われるかもしれませんが、ボクは全力でお手軽な後者をオススメします。

そもそも将来、ガチのプログラマーになるわけでもない人は、お手軽レベルで十分です。ありがたいことに、お手軽レベルの知識と技術力でも、センスと発想さえあれば、なかなか見栄えのするアプリを作れるような環境が、ここ数年で驚異的に整備されてきました。

本当に興味があれば、あとから低レイヤーの事柄を学んでもまったく遅くありません。プロフェッショナルと呼ばれる方のなかには、お手軽にプログラムを書く人が増えるのを快く思っていない方もいらっしゃいますが、そもそも土俵が違います。プログラムを書くことを仕事にしている人たちと同じ土俵に立つ必要はありません。まさにボクがそうであったように、娯楽目的で知識や技術に触れればよいのです。

オンライン講座も充実

ユビキタスエンターテインメントの清水亮社長のブログに、実際に文系の大学生にプログラミングを教えられたときに再確認された楽しさと学び方について書かれています。

ここにもある通り、もうC言語の分厚い本を買って、1ページ目から舐めるように読んでいき、ポインタの概念が理解できずに挫折するというのは現実に合った学び方ではありません。

初心者向けのプログラミング学習サイト「ドットインストール」

無料のオンライン講座「ドットインストール」や、海外の大学による大規模公開オンライン授業「MOOKs(Massive Open Online Courses )」で視聴できるプログラミング基礎の授業など、かなり手軽に、そして細切れの時間で、毎度楽しい発見ができるように設計された教材がたくさんあります。まずはチャレンジしてみてください。

さて、プログラミングとはスキルなのでしょうか? 学び方について話してきたので、まるで「ユーキャン」の資格の1つであるかのような雰囲気がしてきてしまうわけですが、ボクのなかでは、もはやスキルではありません。「プログラミングはできて当たり前」という状況がもうすぐやってくるでしょう。

それに対応できる人材は、専業プログラマーではなく、「プログラムの書ける営業職の人」であり、「プログラムの書ける企画職の人」であり、「プログラムの書ける経理職の人」なのです。どんな職種の人でもプログラミングを使って創造性を発揮していく。そうして、もはやプログラミングがスキルとも思われなくなる時代を生き抜いていきましょう。

次ページ「プログラマー」を引退した理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 買わない生活
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
日本製鉄は「巨人トヨタ」でも1ミリも譲らない
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
「安売り日本」はもう限界、ニッポン再生計画
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
勝ち組シニアと負け組シニア<br>定年格差

「45歳定年」発言に対し一部で猛反発。現実には法改正で70歳までの雇用確保が今春努力義務化されました。人生100年時代といわれる今、従来の定年はもはやなくなりつつあります。老後も働くシニアが第二の人生を勝ち抜くためにすべきことは何でしょうか。

東洋経済education×ICT