東芝のメモリー事業売却、中国当局が承認

売却が確定したことで最大の懸案事項が解消

 5月17日、東芝は予定しているメモリー事業の売却について、中国の競争法当局から承認されたと発表した。昨年6月撮影(2018年 ロイター/ISSEI KATO)

[東京 17日 ロイター] - 東芝<6502.T>は17日、予定しているメモリー事業の売却について、中国の競争法当局から承認されたと発表した。売却に関する前提条件がすべて満たされたことから、6月1日に売却を実行する。売却が確定したことで最大の懸案事項が解消した一方、今後はメモリー事業に代わる収益の柱をどう育てていくかが課題となる。

東芝は昨年9月に米系ファンドのベイン・キャピタルを主軸とする連合体に半導体子会社「東芝メモリ」を2兆円で売却する契約を締結したが、中国当局の審査が長引き、売却を実行できないでいた。

東芝は15日、改革に向けた5カ年計画「東芝Nextプラン」の概要を公表。社会インフラ、エネルギー、電子デバイス、デジタルソリューションの4事業を注力事業と位置付け、継続的に収益を生み出せる「リカーリング型事業」への転換を図る計画を明らかにした。

2019年3月期の最終利益はメモリー事業の売却益9700億円を織り込み、前年比33.1%増の1兆0700億円を見込んでいる。

(志田義寧)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 埼玉のナゾ
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
電池開発でノーベル化学賞<br>吉野彰氏が示した「危機感」

受賞会見とともに、リチウムイオン電池の開発の歴史と当事者の労苦を振り返る。世界の先頭を走ってきた日本も、今後および次世代型の市場では優位性が脅かされつつある。吉野氏率いる全固体電池開発プロジェクトに巻き返しの期待がかかる。