コンビニ3社「冷しうどん」に力を入れる事情

「女性の新規客獲得」を超えた狙いがある

最後のポイントは、大量の水で踊るようにゆでること。こうした手間ひまかけた製法へのチェンジは、大量生産の現場では設備投資を伴う大工事になるが、「セブンオリジナル商品は、全国165拠点ある専用工場で作っているので実現できた」という。

結果、「現在のうどんの販売は、前年同期比7割増の爆発的な伸びになっております」(セブン広報)というから、驚異的だ。

ローソンは「女性向け」、ファミマは「地域別メニュー」

もちろん、セブンだけではない。他チェーンも「女性客に人気がある」ことから、うどんには工夫を凝らしている。

「1食分の野菜が摂れるごまだれのサラダうどん」(写真:ローソン)

「ざるそばが50代以上の方に人気が高いのに比べ、ぶっかけうどんは30~40代女性に特に人気があります。今年は新たに、がっつり食べたい男性向けとして、ちくわ磯辺天を2つ載せた大盛りタイプのうどんや、1食分の野菜を使った『サラダうどん』(5月22日~)なども出します」というのはローソン。

冷し麺はどれも老若男女から支持が厚いが、さらにヘルシーな野菜たっぷりメニューを導入したのは、やはり新規の女性客を意識してのことだろう。

ファミリーマート(以下ファミマ)のうどんも、ひと味違う。

九州地方限定の「冷し肉ごぼう天うどん」(写真:ファミリーマート)

「コシのある太麺で、だしに北海道産真昆布を使いました。スッキリとした甘さの加減が絶妙で、暑い中でも食べやすい風味に仕上がっています」(ファミマ広報)

定番の「冷しぶっかけうどん」(380円)をはじめ、地域別メニューを投入した。全国を以下の4エリアに分け、各地域でなじみのある味付けや具材を使用したうどんを販売中だ。出張時には、地元のファミマに立ち寄ってみたくなる。それも狙いだ。

北海道・東北・関東・北陸地方限定・・・冷したぬきうどん(430円)
中部地方限定・・・冷しきしめん(380円)
関西・中国・四国地方限定・・・冷し肉ぶっかけうどん(498円)
九州地方限定・・・冷し肉ごぼう天うどん(430円)

考えてみれば、コンビニが冷しうどんにここまで注力するのは「女性の新規顧客獲得」だけが目的ではないだろう。ドラッグストアや食品スーパーとの中食商戦をにらんでのことだと思う。特に、10兆円超規模になったコンビニ市場を追うドラッグストアの「食」販売へのシフトは目覚ましい。スーパーのように生鮮品を扱ったり、店内にイートインコーナーを設けたりするドラッグストアも出てきた。

だからこそ、弁当・おにぎりや菓子パンなどと比べると、製造・物流・店のオペレーション、すべてのレベルの高さが売り上げやおいしさに反映する「うどん」で、商品開発力を知らしめようというコンビニの狙いが見える。

夏の麺商戦は、例年以上に熱くなりそうだ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 湯浅卓「トランプ政権の真実」
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
人生100年時代の稼ぐ力<br>副業・資格で定年後も長く働こう

人員削減や年金不足問題など、将来収入への不安は募るばかり。会社に依存するのではなく、副業や資格を持つことで長く働くすべを身に付けよう。需要がグンと高まる資格、60代からでも食える仕事など、実践的な情報を満載。