”団地”は忘れていたものを思い出させてくれる


 夕食時には家族全員が食卓を囲み、つつましくも一家だんらんのひとときを過ごす。地域に一人はうるさ型の老人がいて、「ご近所付き合い」という名の濃密なコミュニティが存在する。そんな「古きよき昭和」が近年、再評価され始めている。

ブームの火付け役となったのが、2005年に制作された『ALWAYS三丁目の夕日』だ。昨年11月には続編が公開され、興行収入は前作(32・3億円)を上回る45・6億円を記録した。

同作品の阿部秀司エグゼクティブ・プロデューサーには、構想の当初からヒットの予感があった。「このところ、自分たち団塊世代が見る映画がなかった。団塊向けのエンターテインメントを作れば、100万人の動員は堅いと思った」。ふたを開ければ、前編の観客動員数は予想を大きく上回る284万人を記録。阿部氏は「パソコンやケータイもないのに、どうして楽しい生活が送れたのか。団塊以降の世代には、一種のファンタジーとして新鮮に受け止められたのではないか」と分析する。

『ALWAYS』が「古きよき昭和」を実際に体験した世代からの発信だったのに対し、最近は30代を中心とした若い世代が中心となって新たな「昭和ノスタルジー」が盛り上がりつつある。

10月中旬の土曜深夜、大阪市内のとあるバー。10畳ほどの狭い店内に、15人余りがひしめき合う。ここは、関西一円の“団地愛好家”たちが集まる「団地バー」だ。彼らが酒のさかなにめでるものは、おのおのが持ち寄った自慢の団地写真コレクションだ。

店のそこここで団地談義に花が咲く。客の大半が20代から30代。主催者の辻野憲一さんも1979年生まれの29歳だ。何が若い彼らを団地に引き寄せるのか。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナショックの大波紋
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • ほしいのは「つかれない家族」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。