トランプ米大統領、イラン核合意離脱を表明

経済制裁再開へ

5月8日、トランプ米大統領はイランと欧米など6カ国が2015年に締結した核合意から離脱し、対イラン経済制裁を再開すると表明した。写真は同日、ホワイトハウスで核合意からの撤退を表明するトランプ大統領(2018年 ロイター/Jonathan Ernst)

[ワシントン 8日 ロイター] - トランプ米大統領は8日、イランと欧米など6カ国が2015年に締結した核合意から離脱し、対イラン経済制裁を再開すると表明した。

米国の離脱決定を受け、欧州の同盟国から反発が強まることは必至だ。また、中東地域での紛争リスクが高まるほか、世界の原油供給に支障を来す可能性がある。

トランプ氏は「米国はイラン核合意から離脱する」と発表。「イラン政府の核開発に対する制裁を再開する大統領覚書に間もなく署名する。米国は最高レベルの経済制裁を科す」と言明した。

オバマ政権下で締結された核合意については、イランの弾道ミサイル開発プログラムや2025年以降の核開発活動、イエメンやシリア危機への関与などに対処していないと指摘。「偏ったひどい内容で決して合意すべきではなかった。平穏や平和をもたらさなかった。今後ももたらすことはない」と語った。

また新たな合意に向けイランと交渉する用意があるとした。ただイラン側はそうした可能性を否定している。

*情報を追加しました。

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 本当に強い大学
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
半導体狂騒曲<br>黒子から主役へ

情報通信に欠かすことのできない半導体。可能性は広がる一方、巨額のマネーゲームの様相も強まっています。国の命運をも左右し始めている激動の業界。日本と世界で今何が起こり、どこに向かおうとしているのかに迫ります。

東洋経済education×ICT