7億ドル!テスラの1-3月期は過去最大の赤字

「モデル3」の生産計画は維持

 5月2日、米電気自動車(EV)メーカー、テスラが発表した第1・四半期決算は、過去最大の赤字を記録した。2月7日、ロンドンで撮影(2018年 ロイター/Hannah McKay)

[2日 ロイター] - 米電気自動車(EV)メーカー、テスラ<TSLA.O>が2日発表した第1・四半期決算は、過去最大の赤字を記録した。新型セダン「モデル3」の生産目標は計画を維持し、2カ月以内に週約5000台になるとした。

モデル3の生産は4月最終週に2270台。4月第2週の2250台から微増だった。

第1・四半期の損失は7億0960万ドル(1株当たり4.19ドル)。前年同期は3億3030万ドル(同2.04ドル)の赤字だった。

特殊要因を除く損失は1株当たり3.35ドル。トムソン・ロイター・エスティメーツのアナリスト予想は3.58ドルだった。

テスラ株は引け後の時間外取引で1%近く上昇した。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。