核実験場廃棄だけでは非核化にならない理由 核兵器開発の関連施設は100~150カ所もある

印刷
A
A

ただし、入り口を塞いだだけでは、再使用される懸念も残ってしまう。

この問題に関連して、韓国の有力ケーブルニュースJTBCが5月1日、正恩氏が、3月末から4月初めにかけ、極秘に訪朝したマイク・ポンペオ米国務長官との会談の中で「核施設を全て見てもかまわない」と発言していたことが分かった、と伝えた。

北朝鮮の核施設の全容は分かっていない

しかし、過去40年以上かけて開発されてきた北朝鮮の核施設の全容は、いまだに分かっていないのが実状だ。

昨年7月に38ノースが、「核、生物、化学兵器の概要」と題した調査報告書を発表した。この中で、北朝鮮内には核兵器開発の関連施設が100~150カ所にもなり、研究開発や核兵器製造・実験に携わる人員数が9000~1万5000人に及ぶとの試算を明らかにしている。

韓国国内の分析や北朝鮮当局者の過去の発言などを総合したもので、正確な場所が不明な施設も多い。

金委員長の胸の内は?(写真:Korea Summit Press Pool via Reuters)

文大統領は、核実験場を公開するという正恩氏の発言を、懸命に後押ししている。1日には国連のグテレス事務総長に電話をかけ、国連も豊渓里核実験場の閉鎖現場に立ち会って欲しいと要請した。

しかし、豊渓里核実験場1カ所を廃棄しただけでは、国際社会と、気まぐれなトランプ米大統領に「非核化への意欲」を納得させるのは難しそうだ。米朝首脳会談は、1カ月ほど後に迫っている。

関連記事
トピックボードAD
政治・経済の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
ディズニー大転換「入園者数引き下げ」戦略の背景
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT