積水ハウス株主が「不動産詐欺」に抱く不満

株主総会は過去最長ながら、出席株主は減少

積水ハウスが地面師にだまされた舞台となった東京・西五反田の旅館「海喜館」。株主総会では詐欺事件に関する質問も飛び出た(記者撮影)

「(マンション分譲用地取引の詐欺被害に関し)会社を代表して私よりお詫び申し上げます」。お詫びの言葉を阿部俊則会長が口にすると、すかさず会場から「お詫びは冒頭にするもんや」「最初に謝れ」「あんた現場を見に行ったらしいじゃないか」などと厳しいヤジがとんだ。

過去最長となった今年の総会

東京・西五反田の土地取引に絡んだ詐欺問題や和田勇前会長の退任などをめぐる問題で、昨年から世間を騒がせてきた積水ハウスが4月26日、大阪市内の高級ホテルで定時株主総会を開催した。

午前10時から始まった総会が終わったのは12時1分で、所要時間は2時間程度。昨年の定時総会が1時間17分であり、近年は1時間30分もかからず終了していたことからすると、今回の総会は長丁場となった。同社広報によれば、会社法が改正されてからは最も長い総会だったという。

一方、出席した株主数は1326人と、前年に比べ280人も少なかった。長時間の総会とはなったものの、個人株主の関心は低かったようだ。

それではなぜ冒頭のように阿部会長はやじられたのか。それは総会が監査役による監査報告の読み上げから淡々と始まり、阿部会長がメッセージを伝えたのが、総会が始まって30分も経過してからだったからだ。

次ページ「役員報酬はカットするのが当然」
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ウーバーイーツ配達員の過酷
ウーバーイーツ配達員の過酷
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
イオン「フジ実質買収」で岡田会長が語った未来図
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
採用担当者が嘆く「印象の悪い就活生」の共通点
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
ヤマト独走に待った!佐川・日本郵便連合の勝算
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
統合から20年どこでつまずい<br>たのか みずほ 解けない呪縛

みずほ銀行が相次ぐシステム障害で窮地に陥っています。その根底には、3行統合から今に至るまで解決できていない呪縛と宿痾が。本特集ではみずほが抱える問題点をガバナンス面や営業面などから総ざらい。みずほは立ち直ることができるのでしょうか。

東洋経済education×ICT