積水ハウス株主が「不動産詐欺」に抱く不満

株主総会は過去最長ながら、出席株主は減少

積水ハウスが地面師にだまされた舞台となった東京・西五反田の旅館「海喜館」。株主総会では詐欺事件に関する質問も飛び出た(記者撮影)

「(マンション分譲用地取引の詐欺被害に関し)会社を代表して私よりお詫び申し上げます」。お詫びの言葉を阿部俊則会長が口にすると、すかさず会場から「お詫びは冒頭にするもんや」「最初に謝れ」「あんた現場を見に行ったらしいじゃないか」などと厳しいヤジがとんだ。

過去最長となった今年の総会

東京・西五反田の土地取引に絡んだ詐欺問題や和田勇前会長の退任などをめぐる問題で、昨年から世間を騒がせてきた積水ハウスが4月26日、大阪市内の高級ホテルで定時株主総会を開催した。

午前10時から始まった総会が終わったのは12時1分で、所要時間は2時間程度。昨年の定時総会が1時間17分であり、近年は1時間30分もかからず終了していたことからすると、今回の総会は長丁場となった。同社広報によれば、会社法が改正されてからは最も長い総会だったという。

一方、出席した株主数は1326人と、前年に比べ280人も少なかった。長時間の総会とはなったものの、個人株主の関心は低かったようだ。

それではなぜ冒頭のように阿部会長はやじられたのか。それは総会が監査役による監査報告の読み上げから淡々と始まり、阿部会長がメッセージを伝えたのが、総会が始まって30分も経過してからだったからだ。

次ページ「役員報酬はカットするのが当然」
関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?