マネックスグループの株価は高すぎる? 「信用売り」で必勝!!のはずが思わぬ大苦戦

印刷
A
A

【4月17日 火曜日】日経225先物は、40円安の2万1810円、NYダウは、212ドル高の2万4573ドル。マネックスグループは、12円高の602円の高値をつける場面があったり、急落し40円安の550円の安値をつける場面があったりしたが、結局4円高の594円で引ける。今日も出来高トップの2億1857万7400株。今日も「勝ってる人の売ってる株」銘柄1位は、マネックスグループとなっていた。ヤフーファイナンスの掲示板を見ていたら、チャートの形が「首吊り線」という形になっており、天井サインのようで、明日からどうなるか楽しみだ。日経平均は、12円高の2万1847円。

【4月18日 水曜日】日経225先物は、70円高の2万1900円、NYダウは213ドル高の2万4786ドル。

日本郵政(6178)が、昨年9月に実施した売り出し価格1322円(前日比6円高)まで回復してきたのがうれしい。2万1100株保有中。売り出し価格で売っても、9月と3月の配当分〔25円+25円+10周年記念配当(金額は未発表)〕の利益となる。12時59分、マネックスグループを600円で5000株、新規信用売り。終値は、20円安の574円。日経平均は、310円高の2万2158円と4日続伸。

長期戦覚悟で下落を待つ

【4月19日 木曜日】日経225先物は、10円安の2万2170円、NYダウは38ドル安の2万4748ドル。マネックスグループは、43円安の531円と続落。出来高は、減ってきたけどトップで、1億4783万5100株。「勝ってる人の買ってる株」銘柄1位が、マネックスグループとなっており、空売りの買い戻しの買いなのか? 日経平均は、32円高の2万2191円と5日続伸。

【4月20日 金曜日】日経225先物は、80円安の2万2120円、NYダウは83ドル安の2万4664ドル。コジマは、13円高の463円と年初来高値更新。一方、マネックスグループは、22円高の553円と反発。今日も出来高トップの1億4902万9300株。日経平均は、28円安の2万2162円と6日ぶり反落。

【4月21日 土曜日】日経225先物は、110円安の2万2050円、NYダウは、201ドル安の2万4462ドル。1ドル=107.66円、1ユーロ=132.30円。今回は久しぶりに、まとまった利益確定(リソー教育、ビックカメラ)ができた。しかし、めったにしない信用取引の売りで、まさかの仕手化で苦戦している。マネックスグループのコインチェックの子会社化のニュースがあったのが4月3日で、この日は80円ストップ高して424円。あれからもう、3週間も異常な人気が続いている。この異常な状態がいつまでも続くとは思えないので、資金は豊富にあるし、何カ月でも忍耐強く値下がりを待ちたいと思う。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
トヨタ国内販売幹部が交代、増える受注残に危機感
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
TSMCが触手、日本の圧倒的な「半導体技術」
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
パナソニック「指定価格」導入に揺れる家電量販店
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
「カップ麺の牛乳戻し」、子どもの食生活が危機的だ
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT