トヨタの”自動運転車”に乗ってみた

2010年代半ばの実用化を予定

そもそも、車車間通信が機能している場合でも常にミリ波レーダーによる車間検知は働いている。何らかの原因で車車間通信の情報が誤っていた場合(通信をジャックされて偽のアクセル・ブレーキ情報を送信されるなど)、ミリ波レーダーのデータと照合することでより安全性を高めることができる。

自動運転=無人運転ではない

高速道路を降りるための車線変更直前で自動運転は終了した。最初はやや緊張気味だったが、後部席に座っている分にはまったく気にならなかった。実用化すれば、ゴルフの帰りの運転など、疲れているときには重宝しそうだ。

吉田守孝常務役員は「移動の自由、楽しみ、ドライバー主権を持っているのは自動車だけ。その楽しさは大事にしないといけない。それと自動運転をいかに両立するか。好きで運転しているときには自動運転は余計なおせっかい。でも、疲れたときには適度なサポートはありがたい。また、高齢者など通常時でも運転が危ない人へのサポートというニーズはある」と語る。

トヨタの自動運転に対するスタンスは、完全な自動運転=無人運転ではなく、あくまでもドライバーが主体でその安全運転を支援するために自動運転の技術を使用しようというものだ。今回新開発したAHDAは、2010年代半ばの商品化を目指している。

(写真:鈴木紳平)

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 最新の週刊東洋経済
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • トランプ派メディアの実態
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
好業績の裏で検査不正<br>スズキ「鈴木修経営」の光と影

5月10日の決算会見に登壇し完成検査の不正を詫びたスズキの鈴木修会長。不正は組織的・構造的な問題か、現場への目配り不足によるのか。長年にわたるカリスマ経営の副作用を指摘せざるをえない同社のガバナンス体制を詳解する。