マツダ「アクセラ」、HV初投入を喜べぬ事情

主力車を全面刷新し、低燃費化を加速

マツダは中型車の主力車種「アクセラ(海外名:マツダ3)」をフルモデルチェンジし、日本市場に投入した。

アクセラは同社の世界販売台数の3割以上を占める主力車種だ。新型は9月に米国でいち早くデビューしている。海外ではガソリンエンジンとディーゼルエンジンを用意するが、日本向けにはその2タイプに加えて、マツダ初となるハイブリッド車(HV)をラインナップした。

HVの燃費はガソリン1リットル当たり30.8キロメートル。同じような車格のトヨタ自動車の「プリウス」に対しては、燃費を追求したLグレードの32.6キロメートルにはおよばないものの、販売の中心になっている上位グレードの30.4キロメートルをわずかながら上回った。HVの価格は237万3000円からで、11月21日から販売を開始する。

待ち望んでいた販売店

「HVがなければ戦えない」――

販売店からこんな恨み節が長らく聞こえていたマツダ。それだけに、待望のHV投入で販売が加速すれば願ったり叶ったり、と思いきや、必ずしも手放しでは喜べない面もある。

次ページHVは低採算
関連記事
トピックボードAD
  • 就職四季報プラスワン
  • 発達障害者と働く時代
  • 経済学で読み解く現代社会のリアル
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
シャープ製パネルで相次ぐ<br>火災事故の深層

19件中10件がシャープ製。消費者庁のデータに登録されている、太陽電池パネルに関連した火災事故の数だ。「原因が特定できない」とし、製品リコールに否定的なシャープ。対策が急務。