「少年ジャンプ」人気作を量産し続ける裏側

漫画「僕のヒーローアカデミア」作者も登場

少年ジャンプはどんなふうにして作られるのか?(写真:amadank / PIXTA)

少年ジャンプで連載が始まる時のやりとりってどんな感じだと思いますか?

当記事は、マンガ新聞の提供記事です

漫画家と編集者がどんな会話をしてどんなきっかけで連載開始となるのか?

打ち合わせってどんな感じ?

メールでのやりとりは?

原稿ってどうやって入稿データを作ってるの?

写植って今はどうしてるの?

印刷方法は?

工場ってどこにあるの?

どうやって印刷してるの?

そもそもジャンプの再生紙のピンクとかミドリとかクリーム色のアレって何?

……気になりません?

「ジャンプ」の裏側を見せるルポ漫画

子供のころから何気なく日常のように読んできた少年ジャンプ。今まで気にしなかったことから、前から気になっていたことまで、私たちが知りたかったことを全部面白おかしく教えてくれる漫画が存在します。

それがこの『ジャンプの正しい作り方!』です。いわゆるルポマンガなんですが。これがちょっとフツーじゃない!

次ページ作者は、普通じゃない漫画家
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • グローバルアイ
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 日本人が知らない古典の読み方
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
6800億円の巨額減損<br>みずほに不足する「稼ぐ力」

みずほFGが巨額損失の計上による業績下方修正を発表した。損失の大半がリテール部門にひもづく新システムの減損で、「リテール不振」が際立ったともいえる。坂井社長の言う「前向きな減損」も、稼ぐ力あってこそ。効率化、稼ぎ頭の構築と道は険しい。