フィギュア元世界王者のチャン、現役引退へ

2011年から世界選手権で3連覇を達成

 4月16日、男子フィギュアスケートの五輪金メダリストで、世界選手権で3回の優勝を誇るカナダのパトリック・チャンが現役引退を発表した。平昌で2月撮影(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[16日 ロイター] - 男子フィギュアスケートの五輪金メダリストで、世界選手権で3回の優勝を誇るパトリック・チャン(27、カナダ)が16日、現役引退を発表した。

チャンは今年2月に行われた平昌冬季五輪の団体でカナダの金メダルに貢献。4年前のソチ大会では個人と団体で銀メダルを獲得した。

チャンは2011年から世界選手権で3連覇を達成。当時は男子フィギュアで圧倒的な強さを誇った。

同選手はフィギュアスケートのカナダ連盟の声明で「カナダのためにスケートができたことは光栄だった」とコメント。「フィギュア選手としては夢と目標をかなえることができた。新たな挑戦に挑むべきときがきた」と述べた。

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
JR北海道<br>労使癒着の深い闇

赤字路線を多数抱え、自力再建が難しいJR北海道。来年にも経営支援のために公金が投入される。だが、革マル派と密接な労働組合と会社の労使協調路線を放置したままでよいのか?