フィギュア元世界王者のチャン、現役引退へ

2011年から世界選手権で3連覇を達成

 4月16日、男子フィギュアスケートの五輪金メダリストで、世界選手権で3回の優勝を誇るカナダのパトリック・チャンが現役引退を発表した。平昌で2月撮影(2018年 ロイター/Lucy Nicholson)

[16日 ロイター] - 男子フィギュアスケートの五輪金メダリストで、世界選手権で3回の優勝を誇るパトリック・チャン(27、カナダ)が16日、現役引退を発表した。

チャンは今年2月に行われた平昌冬季五輪の団体でカナダの金メダルに貢献。4年前のソチ大会では個人と団体で銀メダルを獲得した。

チャンは2011年から世界選手権で3連覇を達成。当時は男子フィギュアで圧倒的な強さを誇った。

同選手はフィギュアスケートのカナダ連盟の声明で「カナダのためにスケートができたことは光栄だった」とコメント。「フィギュア選手としては夢と目標をかなえることができた。新たな挑戦に挑むべきときがきた」と述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 占いのオモテとウラ
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 井手隊長のラーメン見聞録
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
三菱重工と日立 「統合」破談から<br>10年 製造立国の岐路

10年前に統合構想が破談になった三菱重工業と日立製作所。その後両社は対照的な道を歩み、2009年に伯仲していた時価総額は今や日立が大きく上回っています。本特集では明暗が分かれた三菱重工と日立を主軸に、製造立国・日本の生きる道を探りました。

東洋経済education×ICT