川内優輝、ボストン・マラソン優勝の快挙

日本人選手の優勝は1987年の瀬古利彦以来

 4月16日、第122回ボストン・マラソンは、男子では川内優輝が2時間15分58秒で初優勝を果たした(2018年 ロイター/Winslow Townson-USA TODAY Sports)

[ボストン 16日 ロイター] - 第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子では川内優輝(31)が2時間15分58秒で初優勝を果たした。

同大会での日本男子による優勝は、1987年の瀬古利彦以来。

大雨と強風という悪条件の中で行われたレースで、川内は序盤に先頭を走った。その後も上位につけ、40キロを過ぎたところで昨年の王者ジョフリー・キルイ(ケニア)を抜いた。

川内は、最後まで諦めずに自分のレースを心掛けたとコメント。今回のような悪天候は自身にとって最高のコンディションであるとも述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
人気の動画
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
「人のために働く職業ほど低賃金」な根深い理由
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
商社大転換 最新序列と激変するビジネス
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
「話が伝わらない人」と伝わる人の決定的な差
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
渋谷駅、谷底に広がる超難解なダンジョンの今
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日本企業は米中の板挟み<br>全解明 経済安保

先端技術をめぐる米中の争いは日本に大きな影響をもたらします。海外からの投資は経済を活性化させる一方、自国の重要技術やデータが流出し安保上のリスクになる可能性も。分断の時代に日本企業が取るべき進路を探ります。

東洋経済education×ICT