川内優輝、ボストン・マラソン優勝の快挙

日本人選手の優勝は1987年の瀬古利彦以来

 4月16日、第122回ボストン・マラソンは、男子では川内優輝が2時間15分58秒で初優勝を果たした(2018年 ロイター/Winslow Townson-USA TODAY Sports)

[ボストン 16日 ロイター] - 第122回ボストン・マラソンは16日、米ボストンで行われ、男子では川内優輝(31)が2時間15分58秒で初優勝を果たした。

同大会での日本男子による優勝は、1987年の瀬古利彦以来。

大雨と強風という悪条件の中で行われたレースで、川内は序盤に先頭を走った。その後も上位につけ、40キロを過ぎたところで昨年の王者ジョフリー・キルイ(ケニア)を抜いた。

川内は、最後まで諦めずに自分のレースを心掛けたとコメント。今回のような悪天候は自身にとって最高のコンディションであるとも述べた。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 今さら聞けない競馬のキホン
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。