ウーバーが起こした死亡事故の重大すぎる罪

実験中の完全自動運転車が歩行者をはねた

今回の事故について理解を深めるために、自動運転の量産と開発の実情を紹介したい。

筆者はこれまで日本、アメリカ、欧州、中国、中東などで自動運転に関わる自動車メーカー、自動車部品メーカー、そしてベンチャー企業を数多く取材しており、コンフィデンシャルを条件として実証試験車に乗車する機会もある。

また、世界各地で開催される自動運転に関する学会やカンファレンスにも出席し、自動運転に関する各国のエンジニアや学識者と意見交換を続けている。

その上で、現在の自動運転は、パーソナルカーとサービスカーという2つの領域が並行して開発が進んでいると見ている。

また付け加えると、自動運転における自動運転レベルは「レベル1」から「レベル5」の5段階で示される。これは2016年9月、米運輸省道路交通安全局(NHTSA)が米自動車技術会(SAE)の示す自動運転レベルに準拠すると発表したことで、日本を含めて事実上の世界標準として採用されている考え方だ。

レベル0:運転者が全ての運転タスクを実施
レベル1:システムが前後・左右いずれかの車両制御に係る運転タスクのサブタスクを実施
レベル2:システムが前後・左右の両方の制御に係る運転タスクのサブタスクを実施
レベル3:システムがすべての運転タスクを実施(※限界領域内)、作動継続が困難な場合の運転者は、システムの介入要求等に対して、適切に応答することが期待される
レベル4:システムがすべての運転タスクを実施(※限界領域内)、作動継続が困難な場合、利用者が応答することは期待されない
レベル5:システムがすべての運転タスクを実施(※限界領域内ではない)、作動継続が困難な場合、利用者が応答することは期待されない
※ここでの「領域」は必ずしも地理的な領域に限らず、環境、交通状況、速度、時間的な条件なども含む
(出所)官民ITS構想・ロードマップ2017

パーソナルカーの自動運転レベルは1~3

パーソナルカーは、自動車メーカーが主体に、高速道路での実用化を目指して開発中の自動運転技術であり、自動運転レベル1~レベル3を想定している。

2017年1月のデトロイトショーに登場した「Waymo」(筆者撮影)

一方で、サービスカーとは相乗りタクシーやバスなど公共交通の色合いを持った乗り物を想定している。この領域は一般的に、完全自動運転と呼ばれ、自動運転レベルはレベル4とレベル5を想定。米アルファベットのグーグルからスピンアウトしたWaymo(ウェイモ)、アップル、そしてウーバーなど自動車メーカー以外の企業が巨額投資を行って開発を進めている。

次ページ自動運転技術のキモはハードウエアと人工知能
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • インフレが日本を救う
  • 令和の新教養
  • 就職四季報プラスワン
  • 「脱ゆとり世代」のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激突! アサヒvs.キリン<br>「正反対」のビール戦略

2020年に豪州最大のビール会社を買収するアサヒグループHD。国内縮小を見越し「スーパードライ」集中でグローバル化を強化する。一方、キリンHDは化粧品・健康食品のファンケル買収などで多角化を推進。正反対の戦略の成否は? 両社トップに聞く。