公取委、アマゾンジャパンに立ち入り検査

「審査には全面的に協力している」とコメント

 3月15日、公正取引委員会は、アマゾンジャパンに対して立ち入り検査を実施した。共同通信によると、自社サイトで取り扱う商品の納入業者に対し、値引き販売した金額の一部を補てんさせた疑いがあり、公取委は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の可能性があるとみている。写真はサンパウロで昨年10月撮影(2018年 ロイター/Paulo Whitaker)

[東京 15日 ロイター] - 公正取引委員会は15日、アマゾンジャパンに対して立ち入り検査を実施した。共同通信によると、自社サイトで取り扱う商品の納入業者に対し、値引き販売した金額の一部を補てんさせた疑いがあり、公取委は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の可能性があるとみている。

アマゾンはロイターの取材に対し「審査には全面的に協力している」とコメントした。

共同などによると、アマゾンは自社サイトで取り扱っている商品を業者から仕入れて販売しているが、昨年ごろから納入業者に対し、値引き分の一部を負担するよう求めていた疑いがあるという。

(田巻一彦)

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
株主総会で賛成率が急落<br>機関投資家が物言う株主に

低支持率の役員167名を実名公開!低出席率、低ROEなどを理由に、機関投資家は役員選任議案に反対票を投じ始めた。「物言わぬ株主」といわれた機関投資家が変貌した理由は?