公取委、アマゾンジャパンに立ち入り検査

「審査には全面的に協力している」とコメント

 3月15日、公正取引委員会は、アマゾンジャパンに対して立ち入り検査を実施した。共同通信によると、自社サイトで取り扱う商品の納入業者に対し、値引き販売した金額の一部を補てんさせた疑いがあり、公取委は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の可能性があるとみている。写真はサンパウロで昨年10月撮影(2018年 ロイター/Paulo Whitaker)

[東京 15日 ロイター] - 公正取引委員会は15日、アマゾンジャパンに対して立ち入り検査を実施した。共同通信によると、自社サイトで取り扱う商品の納入業者に対し、値引き販売した金額の一部を補てんさせた疑いがあり、公取委は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の可能性があるとみている。

アマゾンはロイターの取材に対し「審査には全面的に協力している」とコメントした。

共同などによると、アマゾンは自社サイトで取り扱っている商品を業者から仕入れて販売しているが、昨年ごろから納入業者に対し、値引き分の一部を負担するよう求めていた疑いがあるという。

(田巻一彦)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
  • はじまりの食卓
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。