公取委、アマゾンジャパンに立ち入り検査

「審査には全面的に協力している」とコメント

 3月15日、公正取引委員会は、アマゾンジャパンに対して立ち入り検査を実施した。共同通信によると、自社サイトで取り扱う商品の納入業者に対し、値引き販売した金額の一部を補てんさせた疑いがあり、公取委は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の可能性があるとみている。写真はサンパウロで昨年10月撮影(2018年 ロイター/Paulo Whitaker)

[東京 15日 ロイター] - 公正取引委員会は15日、アマゾンジャパンに対して立ち入り検査を実施した。共同通信によると、自社サイトで取り扱う商品の納入業者に対し、値引き販売した金額の一部を補てんさせた疑いがあり、公取委は独占禁止法違反(優越的地位の乱用)の可能性があるとみている。

アマゾンはロイターの取材に対し「審査には全面的に協力している」とコメントした。

共同などによると、アマゾンは自社サイトで取り扱っている商品を業者から仕入れて販売しているが、昨年ごろから納入業者に対し、値引き分の一部を負担するよう求めていた疑いがあるという。

(田巻一彦)

政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT