「引っ越し難民」を救う物流ベンチャーの威力

スマホアプリで引っ越し当日でも依頼が可能

物流ベンチャーのCBクラウドが展開する単身引っ越しサービス。スマホアプリで引っ越しの依頼主と軽貨物ドライバーをマッチングする(撮影:田所千代美)

東京23区内での単身引っ越し料金が5000円を切った――。うそのように聞こえるかもしれないが、本当の話だ。

3月上旬の平日、東京の渋谷区から板橋区へ、距離にして十数kmの引っ越しにかかった料金だ。引っ越しをしたのは日本への留学生。荷物はスーツケースや布団袋、本など軽ワゴン1台分で大きな家電や家具はないが、れっきとした単身引っ越しだ。

破格の引っ越しができたのはなぜか。今回の引っ越しは、物流ベンチャー「CBcloud(クラウド)」が手掛けるスマートフォンアプリ「ピックゴー(PickGo)」が仲介した。クラウド上で、引っ越しをしたい個人と仕事を求める軽貨物ドライバーをマッチングする。軽貨物ドライバーとは、貨物軽自動車運送事業の免許を持ち、軽ワゴンや軽トラックで荷物を運ぶ個人事業主を指す。

引っ越し依頼主とドライバーが直接交渉

ピックゴーでは、引っ越しをしたい人が日時や場所、荷物の種類や量を入力してドライバーを募集する。仕事を受けたい軽貨物ドライバーは希望の料金やコメントとともにエントリーする。応募してきたドライバーとは、メッセンジャーアプリ「LINE(ライン)」でのやり取りのように個別に料金交渉をすることができる。料金は原則5000円からだが、依頼主とドライバーが合意すればそれ以下も可能だ。アプリでは荷物の写真を投稿することもできるため、実際に見積もりに来てもらう必要はない。軽ワゴンには合計350kgまで荷物を積める。

冒頭の引っ越しでは、留学生の知人が引っ越し前日にアプリで募集をかけたところ、わずか5分でドライバー5人からエントリーがあった。留学生の知人によれば、1万円ほどの料金を提示してきた人もいたが、最終的には料金の安さとドライバーの評価で決めたという。ドライバーは普段は企業の荷物配送を請け負っており、荷主が5段階でつけた評価の平均を見ることができる。「料金が安く、すぐに決まったので本当に助かった」と留学生の知人も満足げだ。

CBクラウドのスマートフォンアプリ「PickGo(ピックゴー)」のデモ画面。依頼主が引っ越し案件を投稿すると、ドライバーがエントリーする仕組みだ(写真:CBクラウド)
次ページCBクラウドが引っ越しサービスを始めた理由
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT