外国語学習の科学 第二言語習得論とは何か 白井恭弘著

外国語学習の科学 第二言語習得論とは何か 白井恭弘著

子どもの母語習得と大人の外国語習得(第二言語習得)の大きな違いは何か。母語習得にはみなが成功する均質性があるのに対し、外国語習得は結果にさまざまな多様性がある。この現象の解明を通じ、効率的学習の方法を導き出す。

まず分野を絞って聞き読むことだ。自分の専門や興味のある分野なら、足りないところは推測でき、動機づけも高まる。リスニング教材は80%以上わかるものを何度も聞く。同じ教材をリーディングに使うのも有効。単語は有意味・連想学習、例文暗記は短文でなくダイアローグが効率的。話し書くことも毎日少しでもする。外国語を勉強するのでなく、外国語で情報を入手するレベルまで早く到達するように心がけることが大事だ。

岩波新書 735円

Amazonで見る
楽天で見る

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 岡本幸一郎の自動車情報発信局
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • 就職四季報プラスワン
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。