エンゲル係数の上昇はアベノミクスの結果だ

国会論戦を受けて、分析してみた

生活スタイルの変化によってエンゲル係数が上がっている分もあるのではないかという点について、いくつかの視点で見てみたい。まず、エンゲル係数の分子である食料支出を「外食、調理食品」とそれ以外に分けた。共働き世帯の増加や高齢化によって材料から家庭で調理する世帯が減少していることで外食・中食が増加しているのであれば、エンゲル係数(外食、調理食品)の上昇率が大きくなるはずだが、そのようにはなっていない。

なお、エンゲル係数の推移を年齢別で見ると、高齢者層のエンゲル係数が特に上昇しているわけではない。一方、共働き世帯の増加による生活スタイルの変化が影響している可能性がある「35~39歳」ではほかの年齢層よりも上昇した。全体への影響は大きくないが、一部では生活スタイルの変化がエンゲル係数に影響しているのかもしれない。

円安による輸入物価の上昇が家計を圧迫

エンゲル係数を年収別で見ると、年収の低い層ほど上昇幅が大きく、家計の圧迫度合いが大きい。生活スタイルの変化によって外食が増えたりする場合は、収入の多い層から変化が起きるとみられるが、そのような動きにはなっていない。

2013年以降のエンゲル係数の上昇については、生活スタイルの変化によってもたらされたというよりは、総じて円安による輸入物価の上昇などを背景に家計が圧迫されてきたと考えることができるだろう。

次ページエネルギー価格や情報通信費も家計にきつく
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT