韓国GMリストラ、上級幹部の数を35%削減へ

用意した退職プログラムに応募するよう要請

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)子会社の韓国GMは、幹部の大幅削減を計画している。ロイターが入手した内部文書で分かった(ビデオ:ロイター)

[ソウル 28日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>子会社の韓国GMは、幹部の大幅削減を計画している。ロイターが入手した内部文書で分かった。

GMはコスト削減と赤字事業の再編を進めている。

GMは今月、韓国にある1工場の閉鎖を発表し、残りの3工場の今後についても数週間以内に結論を出す方針を示した。

内部文書によると、韓国GMはマネジングディレクターかそれより上位の幹部の数を35%削減し、ディレクターやチームリーダーの数を20%削減する計画。文書は28日に従業員宛てに送付された。

写真はGMのロゴ。メキシコのグアナフアト州で昨年11月撮影(写真:ロイター/Edgard Garrido)

また、GM本社や他の海外系列会社から派遣された「国際業務」担当幹部の数を45%減らすことも計画している。

文書によると、幹部削減は今年第3・四半期までに実施予定で、幹部への昇格人事は凍結中。

韓国GMの広報担当者は幹部削減計画を確認した。社内の幹部数は約150人という。

また、解雇従業員に宛てた別の文書で、3月2日までに退職プログラムに応募するよう要請。退職者には基本年給の3倍を支払うことなどを含むパッケージを提供する。

また労働組合との協議では、今年の基本給を凍結することやボーナスを出さないことが提案されたが、組合側によると、話し合いは数時間で終了したという。

組合関係者は「経営側は組合に対して一方的な犠牲を強いているが、会社は改善計画を用意すべきだ」と指摘。幹部らの給与額を開示するよう求めたが、会社は拒否したと述べた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 逆境からの人々
  • エネルギーから考えるこれからの暮らし
  • CSR企業総覧
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! エアライン・鉄道<br>どん底からの復活シナリオ

人の移動が収益源となる航空・鉄道業界は、新型コロナウイルスの直撃で事業構造の根本的な転換を迫られています。海外では航空と鉄道の一体的政策も始まる中、日本では何が起きるのか。今後の再編や合従連衡のシナリオを大胆に予測しました。

東洋経済education×ICT