韓国GMリストラ、上級幹部の数を35%削減へ

用意した退職プログラムに応募するよう要請

米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)子会社の韓国GMは、幹部の大幅削減を計画している。ロイターが入手した内部文書で分かった(ビデオ:ロイター)

[ソウル 28日 ロイター] - 米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)<GM.N>子会社の韓国GMは、幹部の大幅削減を計画している。ロイターが入手した内部文書で分かった。

GMはコスト削減と赤字事業の再編を進めている。

GMは今月、韓国にある1工場の閉鎖を発表し、残りの3工場の今後についても数週間以内に結論を出す方針を示した。

内部文書によると、韓国GMはマネジングディレクターかそれより上位の幹部の数を35%削減し、ディレクターやチームリーダーの数を20%削減する計画。文書は28日に従業員宛てに送付された。

写真はGMのロゴ。メキシコのグアナフアト州で昨年11月撮影(写真:ロイター/Edgard Garrido)

また、GM本社や他の海外系列会社から派遣された「国際業務」担当幹部の数を45%減らすことも計画している。

文書によると、幹部削減は今年第3・四半期までに実施予定で、幹部への昇格人事は凍結中。

韓国GMの広報担当者は幹部削減計画を確認した。社内の幹部数は約150人という。

また、解雇従業員に宛てた別の文書で、3月2日までに退職プログラムに応募するよう要請。退職者には基本年給の3倍を支払うことなどを含むパッケージを提供する。

また労働組合との協議では、今年の基本給を凍結することやボーナスを出さないことが提案されたが、組合側によると、話し合いは数時間で終了したという。

組合関係者は「経営側は組合に対して一方的な犠牲を強いているが、会社は改善計画を用意すべきだ」と指摘。幹部らの給与額を開示するよう求めたが、会社は拒否したと述べた。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 女性の美学
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 最新の週刊東洋経済
  • 中原圭介の未来予想図
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
チャイナ・スタンダード<br>新・ハイテク覇権国 中国

5G、IoTなど次世代技術の主導権をめぐって激突する米中。その間にも中国テック企業のイノベーションは着々と進む。ファーウェイ、アリババ、鴻海……。世界のハイテク覇権を狙う中国企業たちの実力を総点検する。