凶暴化する「ひったくり事件」の恐ろしい実態

犯罪者が嫌がる「攻めの防犯」が必要だ

女性が引きずられた瞬間 水色の傘を持ったまま横たわる女性の足が見える(写真:週刊女性PRIME)

「キキーッて車がすごいスピードで走っていく音がして、女性が“あー”と叫び声をあげたと思ったらドンと何かがぶつかる音がしたんです」

ひったくり現場近くの建設会社に勤務する女性(29)は、ビルの内部にまで届いた生々しい異常音をそう振り返る。

ひったくりの暴力性が増している

2月1日の昼ごろ、東京・葛飾区の路上で、現金1000円が入った手提げバッグをひったくられた68歳の女性が、犯人が運転する軽トラックに30メートルほど引きずられる事件があった。

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

「外に出ると女性が倒れていて、“バッグを取られた”と動揺していました。郵便局に行く途中だったようで、女性の手のひらは擦り傷で真っ赤。頭も打ったようでした。軽トラックは電柱にこすったみたいですよ」(前出・女性)

別のひったくり事件で逮捕された40代の男が、関与を供述しているとする一部報道がある。女性は全治3日の軽傷ですんだが、一歩間違えば……。

犯人に話しかけられているところ(写真:週刊女性PRIME)

犯罪心理学者で東京・足立区の防犯専門アドバイザーを務める東京未来大学子ども心理学部長の出口保行教授は、

「以前のひったくりは自転車の前カゴから盗っていくものが主でしたが、最近は暴力性が増し、手口が荒っぽくなってきている。強盗致傷ですよ」

横浜・青葉区では昨年9月、自転車で帰宅中の男性(61)が、肩にかけていたショルダーバッグをオートバイの男にひったくられそうになったはずみで転倒し、右足の骨を折るなどの重傷を負った。

次ページ荒っぽい傷害事件も発生
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
  • 買わない生活
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
年を取っても記憶力がいい人と低下する人の差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
12のスキルを完全レクチャ<br>ー! 無敵の話し方

ビジネスシーンで大きな武器になる「話し方」。スピーチや交渉、会議など12のスキルを徹底解説します。『世界最高の話し方』著者による共感力スピーチの極意、TED流のノウハウが2時間で身に付くプレゼン術、自民党総裁選候補者のスピーチ診断も掲載。

東洋経済education×ICT