小平と李の友情は日韓両国民の心を溶かした

苦い歴史を抱える両国民が称賛・感動

「レース後、小平選手と李選手が2人でリンクを滑っているのを見て、泣きじゃくった。まさにオリンピック精神そのもののような光景だった」と、あるコメンテーターは韓国最大のインターネット検索ポータルサイト「ネイバー」でこうコメントしている。

また、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領が称賛する南北関係の雪解けよりも、2人の方が本当の意味で「平和五輪」を象徴しているとたたえる人たちもいる。

文大統領は、2つのコリアを1つにし、北朝鮮のミサイル・核プログラムを巡る緊張の高まりを緩和させるのに役立つとして、平昌冬季五輪を「平和五輪」と称している。

「すごく尊敬できる友達」

レース後、小平選手と李選手は2人の間の深い友情と相手への尊敬について語った。自国で敗北した後に李選手が示した優しさについて、小平選手は振り返った。

「人としてもスケート選手としても、すごく尊敬ができる友達」だと李選手を称賛した。

一方の李選手も、2人がお互いの国を訪れ、自身が好きな日本食を小平選手が「たくさん」送ってくれることを明かした。

「ワールドカップに出場したとき、バスを待っている間に一緒に写真を撮ったこともあった」と李選手は記者団に語った。

「奈緒が『次のオリンピックでは、あなたが優勝して私は2位だ』と言ったので、私は彼女に『いいえ、あなたが1位で私が2位』と言った。私たちは素晴らしい思い出を共有している」と李選手は語った。

(Soyoung Kim and Elaine Lies 翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT