フェイスブック、本社近くのマンションに投資へ

プールやスポーツパブ併設、社員は優先的に入居可能

10月3日、米SNS大手フェイスブックが、米カリフォルニア州メンロパークにある本社近くに社員が住める集合住宅の建設プロジェクトに投資していることが分かった。写真は1月、同州で撮影(2013年 ロイター/Robert Galbraith)

[サンフランシスコ 3日 ロイター] - 米ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)大手フェイスブックが、米カリフォルニア州メンロパークにある本社近くに社員が住める集合住宅の建設プロジェクトに投資していることが分かった。同プロジェクトを請け負っているセント・アントン・パートナーズが明らかにした。

この集合住宅の戸数は394戸で、ジムやプール、スポーツパブやコンビニも併設される。総工費は1億2000万ドル(約116億8000万円)。フェイスブックの本社から約2.4キロメートル離れた場所に今月から施工され、2年以内に完成する予定。多くの部屋からサンフランシスコ湾が臨めるという。同社はデザインにも関与しており、同社社員が優先的に借りることができる。

フェイスブックは投資額を明らかにしていない。

IT企業は優秀な人材を獲得するため、職場に無料のカフェテリアやランドリーサービス、バレーボールのコートなど魅力的な特典を設けることは珍しくない。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
集中連載「日立 踊り場の先へ」<br>世界で戦える組織へ

成長を確実にする組織の根幹を成すのが、研究開発と人事である。研究開発体制は2015年4月、各研究所に横串を通し、顧客起点の組織に生まれ変わらせた。人事制度もグローバル化がほぼ完了。踊り場から飛躍へ、日立の地固めの様相を追う。