どうすれば「運」を引き寄せられるのか? 特別対談 松本大×三田紀房(その3)

拡大
縮小

松本:でも、株式は債券とは違って、一般的に「材料」といいますが、個別企業の要因で大きく動きます。一般的には、景気が良くなると企業業績が好転するので、株価は上がると言われていますが、それ以外にも、株価を左右する要因がたくさんあります。個別企業の業績もそうですし、新商品・サービスの開発、あるいは企業の不祥事などによって、相場全体とは異なる動きをする銘柄も出てきますから、正確な情報を仕入れて分析し、投資判断をすること、あるいはほかの人に比べて先見的なアイデアを持って相場に臨むことが、ポイントになります。

ところで、「インベスターZ」では主人公の財前君が、これからいろいろな経験を積んで、一流の投資家になっていくのだと思うのですが、三田さんが考える一流の投資家って、どんなイメージですか?

三田:う~ん、まだはっきりとは固まっていないのですが、まだ中学校1年生ですから、目がきらきらと輝いているわけです。投資は「お金儲け」の世界ですが、その中で、企業を見る真直ぐな眼をはじめとして純粋さをどこまで持ち続けられるか、ということがポイントになるでしょう。彼の夢、理想を織り込みながら、徐々に一流の投資家に近づいていくという感じでしょうか。

そこは松本さんにも取材をさせていただきながら考えていこうと思いますが、大勢の投資家を見て来られた松本さんにとっての一流の投資家像は、どういうものでしょうか。

松本:やはり自分の限界を知っていること、ではないでしょうか。自分のキャパシティを超えたリスクを取るべきではありませんし、運用会社などで人のおカネを運用する場合などは特に、この点をしっかり把握しておくべきでしょう。

運用会社は、預かったおカネが大きくなるほど、より多くのフィーを獲得できますが、運用者というのはそれぞれ、きちっと運用・管理ができるサイズというものがあります。これを超えた規模で運用すると、運用成績も出せませんし、結果的に自分のためにも、運用を託した人のためにもなりません。

だから、自分の限界を知ること。それを超えた投資には手を出さないこと。それが一流の投資家ではないでしょうか。

「インベスターZ」とは
 雑誌「モーニング」にて好評連載中の投資をテーマにした漫画。「ドラゴン桜」「エンゼルバンク」などヒット作を生んだ漫画家・三田紀房の新作。
<あらすじ>
おカネって何だ?
創立130年の超進学校・道塾学園に、トップで合格した財前孝史。入学式翌日に、財前に 明かされた学園の秘密。各学年成績トップ6人のみが参加する「投資部」が存在するのだ。彼らの使命は3000億を運用し、8%以上の利回りを生み出すこ と。それゆえ日本最高水準の教育設備を誇る道塾学園は学費が無料だった。
「この世で一番エキサイティングなゲーム、人間の血が最も沸き返る究極の勝負……それは金……投資だよ」
「インベスターZ」一巻 予告編はこちら
アカデミーヒルズ 会員制ライブラリーについて
図書館、コワーキングスペース、シェアードオフィス、電源カフェ・・・ すべての機能を兼ね備えた、イノベーションを生む「知の拠点」。見学会開催中。詳細はこちら
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT