独立コンサルタントの「新しい働き方」とは?

みらいワークス社長にロングインタビュー

フリーランスで働くプロフェッショナル人材に新しい働き方を提供する(写真:Signifiant Style)

働き方多様化の必要性が盛んに指摘されている昨今の日本社会ですが、そんな中、フリーランスで働く「プロフェッショナル人材」のために、挑戦できるエコシステムを作ろうと取り組んでいる会社があります。

当記事はシニフィアンスタイル(Signifiant Style)の提供記事です

みらいワークスは、フリーコンサルタントのための案件紹介サイト 『FreeConsultant.jp』を運営し、2017年12月に東証マザーズに上場しました。一見するとフリーコンサルタントを束ねるコンサルティングファームにも思える同社ですが、徹底してフリーランスに寄り添う姿勢が大きな特徴です。起業家を支える仕組みとしても機能しているという同社の事業と、プロフェッショナル人材のあらゆるライフステージを支えるビジョンについて、みらいワークスの岡本社長に伺います(事業の詳細については「成長性に関する説明資料」を参照)。

「日本のみらいの為に挑戦する人を増やす」を経営理念に、プロフェッショナル人材に特化したビジネスマッチングサービスおよび転職支援を行うみらいワークス。2012年の設立以来、フリーコンサルタント向け案件紹介ポータルサイト「FreeConsultant.jp」、フィンテックコンサルタント向けプラットフォーム「FintechConsultant.jp」、転職希望のコンサルタント向けキャリアプランニングサポートサイト「ConsulNext.jp」、フリーランス再就職支援サービス「大人のインターン」、独立と起業を選択肢に含めたキャリアアドバイス「「独立」「起業」「転職」あなたはどれを選ぶ?」といったサービスサイトを展開。6000名以上の登録コンサルタントを誇り、2017年12月には東京証券取引所マザーズに株式を上場。証券コードは6563。

低コストで高スキルなコンサルタントチームを編成

朝倉祐介(シニフィアン共同代表。以下、朝倉):まずは、みらいワークスがどういった事業を行っている会社なのか、お聞かせいただけますか?

岡本祥治(みらいワークス代表取締役。以下、岡本):みらいワークスは、フリーランスとしてとして働くプロフェッショナル人材に新しい働き方を提供する会社です。基本的なビジネスモデルは、クライアントの要望に応じて、6000名以上の登録者から我々が最適なチームを組成し、大手コンサル会社の3分の1程度の低コストでコンサルティングサービスを提供するというモデルです。

次ページどういった人が登録しているのか?
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
会計新基準<br>「売上高」が変わる

売上高が6割減にもかかわらず、営業利益は増えた企業も現れた。会計の新基準を適用した結果だ。全産業にかかわる過去最大の基準変更が今年から徐々に広がっていく。