高梨が銅メダル、ジャンプ女子ノーマルヒル

ルンビが優勝、アルトハウスが2位

 2月12日、平昌冬季五輪ノルディックスキーのジャンプ女子ノーマルヒル、高梨沙羅が銅メダルを獲得した(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[平昌 12日 ロイター] - 平昌冬季五輪は12日、ノルディックスキーのジャンプ女子ノーマルヒル(ヒルサイズ=HS109メートル)を行い、高梨沙羅が銅メダルを獲得した。

高梨は1回目、2回目ともに103.5メートルを飛び、合計243.8点をマーク。2014年ソチ大会では本命とみられていたが、4位だった。

マーレン・ルンビ(ノルウェー)が264.6点で優勝。カタリナ・アルトハウス(ドイツ)が252.6点で2位だった。

伊藤有希は9位。岩渕香里は12位。勢藤優花は17位だった。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • この新車、買うならどのグレード?
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
省電力・広域通信“0G”の衝撃<br>IoT化の隠れた主役LPWA

低速ながら電池で数年動くほどの省電力で、基地局から10km以上もの広域通信が可能。 LPWAという通信方式は超高速の5Gとは対極で、関係者に「0G(ゼロジー)」と呼ばれています。検針やモニタリングなど静かな普及の現場を取材しました。