ジャンプ男子ノーマルヒル、葛西紀明は21位

小林陵侑7位、伊東大貴は20位

 2月10日、平昌冬季五輪ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒル、小林陵侑が2回とも108メートルを飛び、合計240.8点で日本勢トップの7位に入った(2018年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[平昌 10日 ロイター] - 平昌冬季五輪は10日、ノルディックスキーのジャンプ男子ノーマルヒル(NH)(ヒルサイズ=HS109メートル)を行い、小林陵侑が2回とも108メートルを飛び、合計240.8点で日本勢トップの7位に入った。

伊東大貴は214.7点で20位。葛西紀明は213.3点で21位。小林潤志郎は2回目に進めなかった。

アンドレアス・ウェリンガー(ドイツ)が259.3点で優勝した。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • 北朝鮮ニュース
  • 食べれば世界がわかる!カレー経済圏
  • 日本野球の今そこにある危機
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小売り、外食…<br>値決めの勝者と敗者

値下げをすれば客が来る、値上げをすれば客が減るという常識が通用しない。「65円靴下」などの激安セールでも客離れに泣くしまむら。一方で、壱番屋やリンガーハットは値上げをしても客足は遠のかない。勝敗の分岐点はどこにあるのか。