37歳「セレブ妻」が隠し続ける苦しい台所事情

夫の会社の業績悪化で人生が一変!

夫の収入はゼロにこそならなかったものの、月100万円以上も減りました。しかし、B子さんはそんな中でも貯蓄を取り崩しながら見栄を張りつつ、以前と同じように、ママ友たちとの付き合いを続けました。また、ぜいたくな買い物も、なかなか減らすことができなかったのです。

当初はB子さんなりに、やりくりしていたつもりでしたが、ついに名門の私立小学校に通っている娘さんの学費の支払いが苦しくなってきたのです。なにしろ、学費だけで年間100万円超かかります。月間で10万円前後の出費はなかなか厳しいものです。はじめは実家に援助をしてもらい、なんとか乗り切っていましたが、それも限界に。相談に来たのは「この先が見えず、途方に暮れてしまったから」でした。

そこで、私たちは「主婦ですし、時間があるのだったら、少し仕事をすることを考えてみてはどうですか」と提案しました。そこで驚いたのは、B子さん自身には当初、働くという選択肢がまったくなかったことです。

それまで、「セレブ妻」として、羨望を受けて生活をしてきたこともあり、「万が一誰かに働いているところなんて見つかったら、自分の人生はもう終わりだ!」くらいに考えていたのです。大げさのように聞こえると思いますが、本当のことです。

それでも、私たちは、B子さんが働きだせば家計はだいぶ改善することを、「キャッシュフロー表」を作成して「見える化」し、あの手この手で説得したところ、「かわいい娘のためには、やるしかない」と考えたのでしょう。とうとうB子さんは、実母に娘さんを預けて働くことを決意しました。

家から遠く離れたコンビニで「変装パート妻」をスタート

とはいえ、B子さんは今までのイメージをどうしても壊したくありません。そこで、家からかなり遠く離れたコンビニで、パートをスタートすることにしました。

絶対知り合いに知られたくないので、地味なメークに伊達メガネまでかけて「変装」。決して自分とはわからないように細心の注意を払いながら、働いているそうです。それでも知り合いに似た人がお店にやってくると、何か悪いことをしているわけでもないのに、「バレるのではないか」と、もう生きた心地がしないそうです。

B子さんは、もう1つ、別のところでも落ち込んでいました。今まで、しっかりと外で働いたことがなかったので、いざ、仕事を探そうと思っても、単純な仕事しかできない自分に愕然としたそうです。コンビニだって、単純にレジ打ちだけをやっていればいいというわけではありません。パートとしてバリバリ業務をこなし、輝いている人はたくさんいるのです。

次ページ自分や家族のために働くのはとてもよいこと
人気記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
医療費のムダ<br>病院の言いなりは禁物!

米国発のムダな医療リスト60を掲載!「胸部X線」「風邪に抗生物質」に科学的根拠なし。日本はどうする?「聖域」だらけの医療の現実から、病院・医者と賢くつき合う方法までを解説。