ドラギECB総裁「低金利を長期間維持」

経済は緩やかに回復、政策は現状維持

[パリ 2日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は2日、理事会後の会見で、ユーロ圏経済は引き続き緩やかに回復しているとの認識を示し、低金利を長期間維持する方針をあらためて表明した。

「第2・四半期の実質国内総生産(GDP)の伸びが7四半期ぶりにプラスに転じたほか、9月までの信頼感データも、経済活動が低水準から緩やかに回復する見込みであることを裏付けている」と述べた。

その上で、政策金利は「長期間(an extended period of time)」、現在の水準、もしくはそれを下回る水準にとどまると重ねて強調した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • 就職四季報プラスワン
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
実家の片づけ<br>激変する相続<br>死後の手続き

モノであふれる実家の整理や親の死後対応は子世代が抱える悩みだ。7月には約40年ぶりに大改正された相続法が本格施行され、知らないと損することも出てくる。10連休こそ「親の3大問題」解決のチャンス! 完全保存版の最新手引。