ドラギECB総裁「低金利を長期間維持」

経済は緩やかに回復、政策は現状維持

[パリ 2日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は2日、理事会後の会見で、ユーロ圏経済は引き続き緩やかに回復しているとの認識を示し、低金利を長期間維持する方針をあらためて表明した。

「第2・四半期の実質国内総生産(GDP)の伸びが7四半期ぶりにプラスに転じたほか、9月までの信頼感データも、経済活動が低水準から緩やかに回復する見込みであることを裏付けている」と述べた。

その上で、政策金利は「長期間(an extended period of time)」、現在の水準、もしくはそれを下回る水準にとどまると重ねて強調した。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 日本の分岐点 未来への対話
  • インフレが日本を救う
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT