イオンがリート発足へ、子会社保有の物件譲渡

業績への影響は軽微

[東京 2日 ロイター] - イオン<8267.T>は2日、グループが保有する商業施設を、資産運用受託会社のイオンリート投資法人(東京都千代田区)に譲渡することを決めたと発表した。

イオンはグループ内の資金調達手段を多様化するため、不動産投資信託(リート)の立ち上げに向けて準備しており、今回の物件譲渡はその準備の一環となる。

グループ連結子会社のイオンリテール、イオンモール<8905.T>などが、リートに組み入れる資産を運用・受託するイオンリート投資法人に対し、16の物件を計1420億円で譲渡する。

これに伴いイオンでは、2014年2月期に特別利益と特別損失を計上することになるが、業績予想への影響は軽微で予想数値は変更しない。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ブックス・レビュー
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「生活定点」で振り返る平成
  • 賃金・生涯給料ランキング
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。