イオンがリート発足へ、子会社保有の物件譲渡 業績への影響は軽微

印刷
A
A

[東京 2日 ロイター] - イオン<8267.T>は2日、グループが保有する商業施設を、資産運用受託会社のイオンリート投資法人(東京都千代田区)に譲渡することを決めたと発表した。

イオンはグループ内の資金調達手段を多様化するため、不動産投資信託(リート)の立ち上げに向けて準備しており、今回の物件譲渡はその準備の一環となる。

グループ連結子会社のイオンリテール、イオンモール<8905.T>などが、リートに組み入れる資産を運用・受託するイオンリート投資法人に対し、16の物件を計1420億円で譲渡する。

これに伴いイオンでは、2014年2月期に特別利益と特別損失を計上することになるが、業績予想への影響は軽微で予想数値は変更しない。

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
パチンコ、「倒産」と「リストラ」ドミノの深刻背景
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
空前の中学受験ブーム、塾業界の子ども争奪戦
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
そごう・西武、後釜に「ヨドバシ」が突如登場の衝撃
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
AGCが総合職の月給3万円アップに踏み切る舞台裏
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT