米ISM製造業景気指数、2年半ぶり高水準

9月指数は56.2、前月の55.7から上昇

10月1日、 米供給管理協会(ISM)が発表した9月の製造業部門景気指数は2011年4月以来ほぼ2年半ぶり高水準に。写真はニューヨークのワン・ワールド・トレード・センター。9月撮影(2013年 ロイター/Gary Hershorn)

[ニューヨーク 1日 ロイター] - 米供給管理協会(ISM)が1日発表した9月の製造業部門景気指数は56.2と、前月の55.7から上昇し、2011年4月以来ほぼ2年半ぶり高水準となった。

ロイターがまとめたエコノミスト調査では55.0に低下すると予想されていた。

指数は50が景気を見極める上での分岐点となる。

雇用は55.4で前月の53.3から上昇し、2012年6月以来の高水準となった。

新規受注は60.5と、前月の63.2から低下した。

人気記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SONY静かなる再興<br>自動車ビジネスに本腰

「人命にかかわる事業はやらない」という不文律を破り、車載製品に本格参入するソニー。今後3年で1兆円を投資する主軸、得意の画像センサーを自動運転システムに展開する。最高益のその先を支えるカネのなる木となるか、禁断の果実か。