カーナビ縮小で大苦戦する、JVCとパイオニア

進化するスマホで破壊される、日本の得意分野

スマートフォンの普及に押されて、カーナビ市場が縮小しています。スマートフォンのカーナビアプリや地図アプリは、低価格で比較的性能も高いということで、需要が増えているのです。こうした背景から、カーナビ業界は苦戦を強いられ、2013年4~6月期は大手4社のうち3社が営業赤字を計上しました。

カーナビで縮小するカーナビ市場。JVCKENWOODも苦戦する大手の一角(撮影:尾形 文繁)

カーナビを主力とするメーカーは、今後、明るさが見えてくるのでしょうか。今回は、JVCケンウッド(以下、JVC)とパイオニアの財務内容を分析します。

カーナビ不振で減収減益になったJVC

まずは、JVCの2013年4~6月期の決算内容を見ていきましょう。まずは、収益性を調べるために損益計算書(9ページ)を開きます。「売上高」は、前年同期である2012年4~6月は731億円、2013年4~6月は698億円と減少しました。

これは冒頭でも触れましたように、主力のカーナビ製品が不振であったことが原因です。手軽に使えるスマートフォンのカーナビアプリを利用する人が増えた一方で、カーナビを付け替えるユーザーが減ってしまったのです。

次ページスマホに押されっぱなしのカーナビ
マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ソロモンの指輪〜「本能と進化」から考える〜
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 御社のオタクを紹介してください
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
史上最大の上場に賭ける<br>ソフトバンクの思惑

12月19日、ソフトバンクが上場する。過去最大規模の超大型上場だが、祭りの後は楽観できない。親子上場による利益相反、高い配当性向、キャッシュの流出など懸念材料は多数。同社の大胆な戦略の前提である安定した収益成長が崩れる日、事態は……。