米国がイラクをボロボロにして「捨てる」代償

これは新たなる悲劇の始まりかもしれない

2014年、マーリキーはスンニ派のアンバール県に軍を解き放ったが、それがISをイラクに引き入れるきっかけとなった。その後、米国の働きかけもあって、マーリキーの後任にアバーディが就いた。

しかし、米国の期待とは裏腹に、アバーディはシーア派がイラクの司法、軍、警察などの要職を握っている中、統一イラクに向けて、こうした組織においてスンニ派を増やすという努力をほとんどしなかった。

後回しにされ続けたスンニ派

それどころか、アバーディはイラン軍をさらに受け入れ、イラン人12万ほどのシーア派軍隊をスンニ派の中核地域へ送り込んだ。バラク・オバマ前大統領もドナルド・トランプ大統領も、イラクのスンニ派の犠牲のもとに、アバーディと親密に協力して、最終的にイラクのISを壊滅させたのである。

オバマとトランプの戦略は中世的である。イラク内にISがいなくなるまで殺戮し、その後、イラン人やシーア派イラク人たちが意のままにすることを許し、スンニ派を後回しにした。これは、2003年から2011年のイラク戦争からの大きなマイナスポイントである。

今回は、戦闘終了と撤退の間に、政治的な事後処理もなく、国家建設もないのだ。米国はイラクの国内政治には何の関心を払わない。それが、イラン下部組織の排他的なシーア派政府がバグダッドに誕生することを意味していても、である。

スンニ派が多数を占めるクルド人問題を解決するために、暴力的ではない手段もとられた。2017年9月にクルド人たちはイラクからの独立を投票で決定したのだが、彼らは結局、油田が豊富なキルクークを含む紛争地域からシーア派民兵たちがクルド部隊を追い出すのを米政府が傍観する中、自分たちの運命が左右されるのを見届けるはめとなった。

米国が独立を何十年も約束してきたにもかかわらず、クルド人たちは、2003年以前のわずかな自治国家を取り戻しただけだった。そこはかつて完全な独立を保っていた場所である。米国の支援でクルド人たちは、2014年の最も暗黒の日々に、ISの力を削いだ。2018年は、評論家たちが言うところの「クルド人の衰退期」であり、彼らはもはや米政府の外交政策のどこにも組み込まれていないようにみえる。

次ページ米国はもはやイラクに大金をつぎ込むつもりはない
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 意外と知らない「暮らしの水」ウソ?ホント?
  • 財新
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
人気の動画
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
日本人が知らない「ビタミンD」不足の怖さ
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
「上司の品格」を疑われる、やってはいけない7つの質問
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
SDGsが迫る企業変革<br>ビジネスと人権

サプライチェーンの中で起きる人権侵害への意識が高まっています。欧米では法制化が着実に進展し、企業に対し人権リスクの把握と対策を求める動きが顕著に。欧米に比べて出遅れている日本企業の現状を多角的に検証します。

東洋経済education×ICT