コインチェック、26万人に総額463億円返金へ

自己資金から日本円で、時期は「検討中」

 1月28日、仮想通貨取引所大手コインチェックは、仮想通貨NEM約580億円相当が流出した問題で、NEMの保有者約26万人に総額約463億円を返金すると発表した。写真は仮想通貨のイメージ図。サラエボで2017年10月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 28日 ロイター] - 仮想通貨取引所大手コインチェックは28日未明、仮想通貨NEM約580億円相当が流出した問題で、NEMの保有者約26万人に総額約463億円を返金すると発表した。返金は自己資金から日本円で行なうが、返金時期や具体的な手続きは検討中としている。

コインチェックは公表文で、NEMの不正流出の原因究明やセキュリティ体制の強化などに努め、サービス再開に尽力すると改めて表明。仮想通貨取引所としての登録に向け、金融庁と協議を続けるとともに、事業の継続方針を示した。

(和田崇彦 編集:田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • インフレが日本を救う
  • 会社を変える人材開発の極意
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
変わる日立<br>IoTで世界へ挑む

日本を代表する巨大総合電機企業が今、「脱製造業」ともいえる動きに舵を切っています。攻めの主役は「ルマーダ」。社長の肝煎りで始まった独自のIoT基盤です。データを軸にGAFAと組むことも辞さないという改革の成否が注目されます。