コインチェック、26万人に総額463億円返金へ

自己資金から日本円で、時期は「検討中」

 1月28日、仮想通貨取引所大手コインチェックは、仮想通貨NEM約580億円相当が流出した問題で、NEMの保有者約26万人に総額約463億円を返金すると発表した。写真は仮想通貨のイメージ図。サラエボで2017年10月撮影(2018年 ロイター/Dado Ruvic)

[東京 28日 ロイター] - 仮想通貨取引所大手コインチェックは28日未明、仮想通貨NEM約580億円相当が流出した問題で、NEMの保有者約26万人に総額約463億円を返金すると発表した。返金は自己資金から日本円で行なうが、返金時期や具体的な手続きは検討中としている。

コインチェックは公表文で、NEMの不正流出の原因究明やセキュリティ体制の強化などに努め、サービス再開に尽力すると改めて表明。仮想通貨取引所としての登録に向け、金融庁と協議を続けるとともに、事業の継続方針を示した。

(和田崇彦 編集:田巻一彦)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • フランスから日本を語る
  • 御社のオタクを紹介してください
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。