韓国「仮想通貨禁止令」でも玄人が平静なワケ

規制は比較的容易に回避できる?

ソウルに住む30歳の看護師は、政府の警告が市場に影響を及ぼす前に香港の取引所バイナンスに移ったと言う。ソウルに拠点を置く取引所の社員は、そうした動きが加速していると話す。

「これにより、深刻な資金流出が起きる可能性がある。政府だけがそれに気づいていない」と、ある社員は匿名で語った。

韓国は1日のビットコイン取引のうち、5─15%を占めており、ビットコイン全体の時価総額は約2000億ドルに上る。

ブラックマーケットが誕生する可能性も

海外でアカウントを開設するのが難しいのであれば、友人や家族、国内のビットコイン・コミュニティーが役立つかもしれない。

別の選択肢としては、できればワッツアップやテレグラムのような暗号化されたソーシャルメディアのアプリを使って、取引所にアクセス可能な誰かを見つけて、安くそれを売ってもらうことだ。だが不正にはリスクが伴う。

「手持ちのビットコインを、海外で換金可能な人が、ウォンで買い取るブラックマーケットが誕生する可能性がある」と、香港に拠点を置く取引所ゲートコインのオーレリアン・メナント最高経営責任者(CEO)は指摘する。

しかし、それはさらに禁止後に不正が起きるのではないかという恐れから新たな投資家の敬遠を招き、韓国での取引高が「数十億から数百万」規模に落ち込む可能性がある、とメナント氏は語った。

(Dahee Kim and Marius Zaharia翻訳:伊藤典子 編集:下郡美紀)

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショックの大波紋
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 山本シンヤが迫るクルマ開発者の本音
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
激震! コロナ危機<br>総力特集 土壇場の世界経済

欧米での爆発的な感染拡大により、リーマンショック以上の経済悪化が濃厚です。「自宅待機令」下の米国現地ルポに各国の政策対応、トヨタも国内工場停止に至った自動車産業、ほぼ半値へと急下降したREIT市場など徹底取材。