「米国株は高すぎる」と言える「3つの理由」

「従来の壁を超え新次元に突入」は正しいか

(2)金利が低い
金利が低いから、投資収益を求めて株式に資金が流れ込んでいるというのであれば、PERは18倍を超えることが常態化してもよいのかもしれない。
しかし、長短金利ともまだ水準としては低いが、短期金利の引き上げは継続して行なわれており、長期についても2016年7月に1.3%台だった10年国債利回りも、今は2.65%近辺になっている。すなわち、長短金利とも緩やかながら上昇してきているため、それに反して予想PERが拡大し続けていることは説明できない。

(3)カネ余りである
中央銀行が大量に資金をばらまいているので、行き場がないお金が株式市場になだれ込み、企業収益とは関係なく株価が押し上がって、PERが過去より高くても良い、という仮説も可能だ。しかし米連銀は、昨年10月から債券の買い入れ額を縮小している。やはりそれに逆行してPERの拡大が常態化するのもおかしいと言える。

日本企業の決算は悪くないが発表後材料出尽くし感も

以上、3点から、やはり米国株の予想PERは高すぎるのであり、その調整が株価下落という形で生じて、つれて下落した米ドルが、日本株も巻き込んで下落させる、という展開を見込むべきだろう。ただし、今の米国の株価の割高さは、「よくわからないが、売ると怖いので買う、すると株価が上がる、だからまた買う」といった投資家の動きによって引き起こされている。だが、それが逆回転するきっかけは、事前にはわかりにくい。

それでも、述べたように、米10年国債利回りはじわじわと2.65%近辺にまで上昇しており、債券と株式の相対比較で、債券に資金が戻る可能性が強まりつつある。暫定予算切れによる政府機関の閉鎖が生じても、米国経済に深刻な影響を与えるわけではないが、22日以降、利食い売りのネタにされる懸念もある。

そうした懸念要因が少しずつ積み上がるなか、日本株も「遠すぎた橋」に届かないまま反落する恐れがある。これから徐々に佳境になる企業決算の内容自体は、そう悪くはないだろう。ただ、収益に対する期待先行で株価が上がった部分があるとすれば、決算発表が好材料出尽くしと解釈される恐れは残っている。

こうした諸要因を踏まえて、今週の日経平均株価は、2万3200~2万4000円を予想する。

マーケットの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • コロナ後を生き抜く
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT