北朝鮮、平昌冬季五輪に22選手を派遣へ

アイスホッケーのほかスキーとスケートに

 1月20日、国際オリンピック委員会(IOC)は、北朝鮮が平昌冬季五輪(2月9日開幕)に22選手を派遣し、計3競技に参加すると発表した。写真中央はIOCのトーマス・バッハ会長(2018年 ロイター/Pierre Albouy)

[ローザンヌ 20日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は20日、北朝鮮が平昌冬季五輪(2月9日開幕)に22選手を派遣し、計3競技に参加すると発表した。

IOCのトーマス・バッハ会長は「今日は長い道のりの節目となる」と宣言。「冬季五輪をきっかけに、朝鮮半島に明るい未来が開けることを願っている」とした。

北朝鮮と韓国は開会式では「統一旗」の下、合同で入場行進を行うことに合意。アイスホッケー女子では南北合同チームを結成するという。

北朝鮮はアイスホッケーのほか、スキーとスケート競技に参加する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 礒部公一のプロ野球徹底解説!
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • 30歳とお金のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
海外進出、そして株式上場へ<br>新日本プロレスの復活と野望

どん底の2000年代を経て鮮やかなV字回復を果たしたプロレス界の雄。キャラクターの異なるスター選手を複数抱え、観客の4割は女性だ。外国人経営者の下、動画配信や海外興行など攻めの姿勢を見せる。株式上場も視野に入ってきた。