北朝鮮、平昌冬季五輪に22選手を派遣へ

アイスホッケーのほかスキーとスケートに

 1月20日、国際オリンピック委員会(IOC)は、北朝鮮が平昌冬季五輪(2月9日開幕)に22選手を派遣し、計3競技に参加すると発表した。写真中央はIOCのトーマス・バッハ会長(2018年 ロイター/Pierre Albouy)

[ローザンヌ 20日 ロイター] - 国際オリンピック委員会(IOC)は20日、北朝鮮が平昌冬季五輪(2月9日開幕)に22選手を派遣し、計3競技に参加すると発表した。

IOCのトーマス・バッハ会長は「今日は長い道のりの節目となる」と宣言。「冬季五輪をきっかけに、朝鮮半島に明るい未来が開けることを願っている」とした。

北朝鮮と韓国は開会式では「統一旗」の下、合同で入場行進を行うことに合意。アイスホッケー女子では南北合同チームを結成するという。

北朝鮮はアイスホッケーのほか、スキーとスケート競技に参加する。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 内田衛の日々是投資
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
NHKの正体<br>膨張する公共放送を総点検

受信料収入が5年連続で過去最高を更新し、ネット常時同時配信への進出を見込むなど肥大化が進むNHK。一方でガバナンスに問題を抱えており、公共放送としての存在意義が問われている。事業体としてのNHKの全貌を総点検した。