「樹海の死体」配信した人気YouTuberの意図

非難が殺到し、謝罪ビデオを投稿したが…

12月31日に投稿されたこの動画を見た視聴者からは、死体の映像を投稿するというポールの決断と、その後の悪ふざけに対する批判がネットに相次いだ。中には、自殺防止のホットラインの電話番号を載せ、精神疾患に苦しむ自らの体験を語る人々もいた。

ユーチューブも声明を出し、彼の動画は「暴力的で残虐な内容をショッキング、扇動的、あるいは冒涜的な手法で投稿する」ことを禁じたユーチューブの方針に反していた、と表明。「動画に登場した人物とその家族に、われわれの哀悼の意を捧げる」としている。

お騒がせ兄弟の主な視聴者は若者

ポールのユーチューブチャンネルは、1500万人以上のフォロワーを抱えており、物議を醸すことで知られるビデオブロガーの弟のジェイク・ポールより人気を博すようになっている。

人気ユーチューバーは、より奇抜な内容を望む視聴者たちを引きつけようと、どんどん人目を惹くような動画を投稿しようと躍起だ。弟のジェイクは、彼の近隣住民たちをカメラで追い回したことで昨夏中、主要なニュースチャンネルを賑わせた後、さらなるメディア露出を含みに自らが逮捕されたと見せかける別の動画を投稿している。

彼らの視聴者の多くは若者だ。日本での動画の終盤部分で、ローガン・ポールは駐車場で年長者に付き添われた1人の若いファンに出くわす。

「ひとつ忠告しておくことがあるんだ」。彼は微笑みながら死体がある場所を指差して2人に言った。「あそこへ行っちゃいけないよ」。

(C)2017 The New York Times News Services 

関連記事
トピックボードAD
人気連載
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • いいね!
トレンドウォッチAD
市場縮小が止まらない<br>生き残りへもがく製紙業界

紙の国内市場は8年連続のマイナスが必至。ペーパーレス化、原料高で苦境に。三菱製紙は最大手・王子ホールディングスの傘下へ。国内はさながら撤退戦。活路は海外市場か?